Rchr
J-GLOBAL ID:200901091009413310   Update date: Nov. 10, 2020

Nakaya Naoki

ナカヤ ナオキ | Nakaya Naoki
Affiliation and department:
Job title: 教授
Other affiliations (2):
  • (兼)大学院保健医療福祉学研究科  教授
  • 東北大学  客員教授
Homepage URL  (1): https://www.spu.ac.jp/academics/db/tabid334.html?pdid=283naka
Research field  (9): Disaster prevention engineering ,  Internal medicine - General ,  Healthcare management, medical sociology ,  Hygiene and public health (non-laboratory) ,  Hygiene and public health (laboratory) ,  Hygiene and public health (non-laboratory) ,  Hygiene and public health (laboratory) ,  Healthcare management, medical sociology ,  Nutrition and health science
Research keywords  (33): 一般地域住民 ,  生存分析 ,  危険因子 ,  生活習慣 ,  前立腺がん ,  心理社会的要因 ,  健康影響 ,  身体的要因 ,  症例対照研究 ,  ストレス ,  縦断的研究 ,  がん患者 ,  配偶者 ,  がん ,  心理的苦痛 ,  前向きコホート研究 ,  疫学 ,  自殺 ,  うつ ,  集団認知行動療法 ,  カテキン ,  緑茶 ,  ω3系脂肪酸 ,  サイコオンコロジー (Psychooncology) ,  応用健康科学 (Applied Health Science) ,  公衆衛生学 (Public Health) ,  疫学 (Epidemiology) ,  Public Health ,  Epidemiology ,  Applied Health Science ,  Stress Science ,  Behavioral Medicine ,  Psychosomatic Medicine
Research theme for competitive and other funds  (13):
  • 2012 - n3系多価不飽和脂肪酸の精神的効果に関する疫学研究【継続中】
  • 2010 - 大学生の健康影響に関する多施設共同疫学研究【継続中】
  • 2006 - 2008 自殺の危険因子に関する疫学研究 (2006年-2008年)
  • 2003 - 2008 飲酒の健康影響に関する疫学研究 (2003年-2008年)
  • 2008 - がん患者の配偶者・家族の健康影響に関する疫学研究【継続中】
Show all
Papers (232):
  • Mana Kogure, Naoki Nakaya, Takumi Hirata, Naho Tsuchiya, Tomohiro Nakamura, Akira Narita, Yoko Suto, Yoko Honma, Hidemi Sasaki, Ken Miyagawa, et al. Correction: Sodium/potassium ratio change was associated with blood pressure change: possibility of population approach for sodium/potassium ratio reduction in health checkup. Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension. 2020
  • Rina Takahashi, Kazufumi Sano, Kazumasa Kimura, Toshiyuki Ishioka, Makoto Suzuki, Naoki Nakaya, Satoru Ozeki, Toyohiro Hamaguchi. Reproducibility and reliability of performance indicators to evaluate the therapeutic effectiveness of biofeedback therapy after elbow surgery: An observational case series. Medicine. 2020. 99. 34. e21889
  • Mana Kogure, Naoki Nakaya, Takumi Hirata, Naho Tsuchiya, Tomohiro Nakamura, Akira Narita, Yoko Suto, Yoko Honma, Hidemi Sasaki, Ken Miyagawa, et al. Sodium/potassium ratio change was associated with blood pressure change: possibility of population approach for sodium/potassium ratio reduction in health checkup. Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension. 2020
  • Kazuaki Norita, Kiyotaka Asanuma, Tomoyuki Koike, Tomoki Okata, Taku Fujiya, Yasuaki Abe, Kenichiro Nakagawa, Waku Hatta, Kaname Uno, Tomohiro Nakamura, et al. Impaired Mucosal Integrity in Proximal Esophagus Is Involved in Development of Proton Pump Inhibitor-Refractory Nonerosive Reflux Disease. Digestion. 2020. 1-11
  • Maiko Wagata, Mami Ishikuro, Taku Obara, Masato Nagai, Satoshi Mizuno, Naoki Nakaya, Tomohiro Nakamura, Takumi Hirata, Naho Tsuchiya, Hirohito Metoki, et al. Low birth weight and abnormal pre-pregnancy body mass index were at higher risk for hypertensive disorders of pregnancy. Pregnancy hypertension. 2020. 22. 119-125
more...
MISC (237):
  • 平田 匠, 小暮 真奈, 成田 暁, 土屋 菜歩, 中村 智洋, 目時 弘仁, 中谷 直樹, 丹野 高三, 菅原 準一, 栗山 進一, et al. 家庭での受動喫煙および能動喫煙の組み合わせと高血圧の関連. 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2019. 78回. 223-223
  • 中谷 直樹, 土屋 菜歩, 成田 暁, 石黒 真美, 目時 弘仁, 平田 匠, 小暮 真奈, 中村 智洋, 後岡 広太郎, 中谷 久美, et al. 配偶者同士の生活習慣の一致性とその年齢の影響 ToMMo 地域住民コホート調査. 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2019. 78回. 224-224
  • 片柳 光昭, 富田 博秋, 瀬戸 萌, 根本 晴美, 奥山 純子, 鈴木 智美, 菅原 由美, 中谷 直樹, 中村 智洋, 土屋 菜歩, et al. 東日本大震災が沿岸地域の就労と精神的健康に及ぼした影響. 精神神経学雑誌. 2019. 2019特別号. S753-S753
  • 藤原 雅樹, 樋口 裕二, 稲垣 正俊, 中谷 直樹, 藤森 麻衣子, 林原 千夏, 宋 龍平, 新川 郁太, 佐藤 康治郎, 矢田 勇慈, et al. 精神科病院に通院中の統合失調症患者の禁煙ステージとその後の禁煙行動 アンケートによる縦断調査. 精神神経学雑誌. 2019. 2019特別号. S436-S436
  • 良知 弘務, 土屋 菜歩, 平田 匠, 中谷 直樹, 中村 智洋, 成田 暁, 小暮 真奈, 栗山 進一, 菅原 準一, 呉 繁夫, et al. 一般地域住民における血清クレアチニンによる推定糸球体濾過量(eGFR)の季節差. 日本腎臓学会誌. 2019. 61. 3. 332-332
more...
Books (19):
  • 中谷直樹. 心理社会的要因とがん発症・生存に関する最新データ. 緩和ケア, 23, pp217, 2013.(総説)
  • Daisuke Nishi, Yuichi Koido, Naoki Nakaya, Toshimasa Sone, Hiroko Noguchi, Kei Hamazaki, Tomohito Hamazaki, Yutaka Matsuoka. PTSD and the Attenuating Effects of Fish Oils: Results of Supplementation After the 2011 Great East Japan Earthquake (Chapter 16).
  • 中谷直樹. 飲酒と自殺に関する前向きコホート研究ー大崎コホート研究ー.日本アルコール関連問題学会雑誌 13, 32-34, 2011
  • 中谷直樹. 罹患・生存と心理社会的問題. 内富庸介、小川朝生 (編). 臨床精神腫瘍学. 医学書院, 東京, pp25-36, 2011
  • 中谷直樹, 福土 審. 各臓器別にみた心身症: 2消化器-胃・十二指腸潰瘍. 久保千春 (編). 心身医療実践マニュアル-知っておきたい臨床医の基本. 文光堂, 東京, pp200-206, 2003. (著書)
more...
Lectures and oral presentations  (48):
  • 中谷直樹、中村智洋、辻 一郎、富田博秋.慢性疾患治療者の心理的苦痛に関する研究:七ヶ浜健康増進プロジェクト.日本疫学会総会,仙台,1月,2014(ポスター発表)
  • 中谷直樹, 中村智洋, 辻一郎, 寳澤篤, 富田博秋. 慢性疾患治療者の心理的苦痛に関する研究:七ヶ浜健康増進プロジェクト. 日本公衆衛生学会総会, 津, 10月, 2013(口頭発表)
  • 中谷直樹, 心理社会的因子とがん発症・がん予後に関する疫学研究及び今後の展開. 日本サイコオンコロジー学会総会, 9月, 2013 (シンポジウム)
  • 中谷直樹.がんに影響を及ぼす心理社会的要因の検討.日本疫学会総会,大阪,1月,2013 (奨励賞受賞講演).
  • 中谷直樹, 菊谷昌浩, 中谷純, 清元秀泰, 菅原準一, 富田博秋, 長神風二, 大隅典子, 栗山進一, 辻 一郎, 寳澤 篤. 東北メディカル・メガバンク事業:山元町における住民意識調査. 日本疫学会総会,大阪,1月,2013 (ポスター発表).
more...
Works (15):
  • 中谷直樹:日本学術振興会科学研究費助成金 基盤研究(C)「大規模コホート調査における配偶者のがん既往がパートナーに及ぼす健康影響(研究課題番号:17K04190)」,研究代表者,(2017-2019)
  • 河北新報2015年1月21日朝刊 リレーエッセー 医進伝心/ストレス軽減策を模索 http://www.kahoku.co.jp/special/spe1140/20150121_01.html
  • 日本学術振興会科学研究費助成金 基盤研究(C) 「破局的ストレス下の慢性疾患患者における心理的・社会的側面、生活習慣及び震災影響」, 研究代表者, (2014-2016)
    中谷 直樹
  • 平成26年度厚生労働省委託事業 インターネットを活用した専門医の育成等事業:「心理社会学的要因とがん罹患/生存」
    中谷 直樹
  • 厚生労働科学研究費補助金 第3次対がん総合戦略研究事業 QOL向上のための、主に精神、心理、社会、スピリチュアルな側面からの患者・家族支援プログラムに関する研究 (研究課題番号:H22-3次がん-一般-036)」 分担研究者, (2012-2013)
more...
Education (5):
  • 2003 - Tohoku University Department of Disability Science
  • - 2000 Tohoku University
  • 2000 - Tohoku University Department of Disability Science
  • - 1998 Azabu University
  • 1998 - Azabu University
Professional career (1):
  • Doctor of Disability Science (Tohoku University)
Work history (9):
  • 2019 - 現在 Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization
  • 2019 - 現在 Saitama Prefectural University School of Health and Social Services, Department of Health Sciences
  • 2015 - 2019 Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization, Department of Preventive Medicine and Epidemiology
  • 2012 - 2015 Tohoku University Tohoku Medical Megabank Organization, Department of Preventive Medicine and Epidemiology
  • 2010 - 2012 Kamakura Women's University Faculty of Family and Consumer Sciences, Department of Nutrition and Dietetics
Show all
Committee career (51):
  • 2019 - 現在 戸田市保健対策推進協議会委員(会長)
  • 2020 - Complementary Therapies in Clinical Practice (×2)
  • 2020 - Environmental Health and Preventive Medicine(2020✖2)
  • 2020 - European Journal of Clinical Nutrition(2020✖2)
  • 2020 - BMC Medical Research Methodology
Show all
Awards (6):
  • 麻布大学環境科学研究会越智賞, 2000年 9月
  • 第3回日本心身医学会 池見賞, 2005年 4月
  • 第26回日本疫学会総会ポスター賞, 2016年1月
  • 第7回日本行動医学会 荒記記念賞, 2007年 3月
  • 財団法人宮城県対がん協会 「黒川利雄がん研究基金」研究助成金 採択, 2014年6月
Show all
Association Membership(s) (3):
JAPANESE SOCIETY OF PUBLIC HEALTH ,  日本サイコオンコロジー学会 ,  JAPAN EPIDEMIOLOGICAL ASSOCIATION
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page