Rchr
J-GLOBAL ID:200901091219905991   Update date: Oct. 02, 2020

Fumikazu Otsuka

オオツカ フミカズ | Fumikazu Otsuka
Affiliation and department:
Job title: Blank
Research field  (8): Ecology and environmental science ,  Biodiversity and systematics ,  Developmental biology ,  Construction environment and equipment ,  Civil engineering (environmental systems) ,  Hydroengineering ,  Basic physical chemistry ,  Atmospheric and hydrospheric science
Research keywords  (16): 紫外放射 ,  原子力発電所 ,  セシウム ,  放射性物質 ,  東京湾/アサリ/ビオトープネットワーク/ ,  風 ,  貧酸素水塊 ,  波浪 ,  東京湾 ,  鉛直混合 ,  内湾 ,  高潮 ,  津波 ,  環境影響評価 ,  波動工学 ,  環境工学
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2015 - 2019 東京湾奥部における放射性物質の実態およびその長期的予測に関する研究
Papers (28):
  • 大塚文和, 中本壮祐, 吉田誠裕, 川西利昌, 増田光一. 真間川河口前面海域及び三番瀬における放射性物質について. 土木学会論文集B3. 2017. 73
  • 大塚文和, 川西利昌, 増田光一. 江戸川を通じて東京湾に流入する放射性物質量及び河口域堆積量の推定. 土木学会論文集B2(海岸工学). 2016. 63
  • Fumikazu Otsuka. A Numerical model on Vertical Movement of Planktonic Larvae of Clam Ruditapes Philippinarum in Tkyo Bay. Proceeding of the 12th ISOPE Pacific/Asia Offshore Mechanics(PACOMS2016). 2016
  • Fumikazu Otsuka, Toshimasa Kawanishi, Koichi Masuda. A Study on Vertical Movement Model for Planktonic Larvae of Manila Clam in Tkyo Bay. Proceeding of the ASME 2016 34th International Conference on Ocean, Offshore and Arctic Endineering. 2016
  • 大塚文和, 末永友真, 弘中真央, 川西利昌, 増田光一. 東京湾におけるアサリ浮遊幼生の鉛直移動を考慮した浮遊シミュレーションについて. 土木学会論文集B3(海洋開発). 2016. 72. 2
more...
MISC (1):
  • 川西利昌, 大塚文和. 紅斑紫外放射輝度分布を用いた紫外線日除けチャート作成と海浜日除けの建築的太陽防御指数ASPF. 日本建築学会環境系論文集. 2014. 79. 700
Books (2):
  • 東日本大震災合同調査報告書
    日本建築学会 2015
  • 海洋建築の計画・設計指針
    日本建築学会 2015 ISBN:9784818924802
Lectures and oral presentations  (90):
  • 江戸川における放射性セシウムの流下量と近似式について
    (日本沿岸域学会研究討論会 2017)
  • 真間川河口前面海域における放射性セシウムの堆積分布について
    (日本沿岸域学会研究討論会 2017)
  • 荒川を通じて東京湾に流入する放射性物質量の推定について
    (日本沿岸域学会研究討論会 2016)
  • 東京湾におけるアサリ幼生の沖合海域における着底状況の試算について
    (日本沿岸域学会研究討論会 2016)
  • 海浜砂の紫外反射率と鉛直面紫外反射量
    (日本沿岸域学会 研究討論会 2016)
more...
Education (2):
  • - 1991 Nihon University 海洋建築工学
  • 1979 - 1981 東京商船大学
Professional career (2):
  • 商船学修士 (東京商船大学)
  • 工学博士 (日本大学)
Work history (1):
  • 2011/04/01 - 2019/03/31 日本大学理工学部
Committee career (7):
  • 2011/10/01 - 2012/10 日本建築学会 海洋工学シンポジウム実行委員会委員
  • 2012/10/01 - 日本建築学会 卒業論文等顕彰事業委員会委員
  • 2011/04/01 - 日本建築学会 海洋建築エンジニアリング小委員会委員
  • 2010/06 - 日本建築学会 技術報告集査読委員
  • 2009 - 日本沿岸域学会 論文委員
Show all
Association Membership(s) (7):
日本建築学会 ,  海洋調査技術学会 ,  日本沿岸域学会 ,  日本海洋学会 ,  日本環境アセスメント学会 ,  土木学会 ,  日本船舶海洋工学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page