Rchr
J-GLOBAL ID:200901091454324491   Update date: Sep. 15, 2021

Maruyama Takehiko

マルヤマ タケヒコ | Maruyama Takehiko
Affiliation and department:
Job title: 教授
Other affiliations (1):
Homepage URL  (2): http://www.isc.senshu-u.ac.jp/~thb0925/http://www.isc.senshu-u.ac.jp/~thb0925/index-e.html
Research field  (2): Japanese linguistics ,  Linguistics
Research keywords  (15): corpus linguistics ,  corpus ,  非流暢性 ,  対話 ,  現代日本語書き言葉均衡コーパス ,  現代日本語文法 ,  代表性 ,  節境界 ,  書き言葉 ,  均衡コーパス ,  サンプリング ,  日本語話し言葉コーパス ,  句末イントネーション ,  話し言葉 ,  言い直し
Research theme for competitive and other funds  (12):
  • 2020 - 2025 Interdisciplinary Empirical Research Project on Disfluent Utterance Patterns
  • 2018 - 2022 日本国内で医師を目指す外国人を対象とした医学語彙教材開発のための総合的研究
  • 2017 - 2021 「脚本クロニクル」サイト構築とその教育活用および国際発信
  • 2017 - 2020 1940-1950年代の日本語政策史研究の精緻化に関する緊急調査
  • 2017 - 2020 「ボイスサンプル」を応用した日本語音声指導の研究と開発
Show all
Papers (150):
  • Takehiko Maruyama. Diachronic Change of Spoken Japanese in the 20th Century: A Corpus Study. Mémoire sonore du Japon : le disque, la musique et la langue. 2021. 17-32
  • 丸山岳彦, 西川賢哉, 田嶋明日香, 小磯花絵. 『昭和話し言葉コーパス』の設計・構築と分析(2):コーパスの構成とメタデータの設計. 言語処理学会第27回年次大会予稿集. 2021. 86-90
  • 本多由美子, 丸山岳彦, 三枝令子. 医学書テキストに現れる文末表現の特徴 -単語N-gramを用いた分析-. 言語資源活用ワークショップ2020. 2020
  • Collection and Classification of Japanese Medical Terms. 2020. 176. 33-47
  • Takehiko Maruyama. Segmentation of the English texts Navy and Hearts with SUU and LUU. In Search of Basic Units of Spoken Language. 2020. 359-366
more...
Patents (2):
  • 節境界検出装置、機械翻訳装置及びコンピュータプログラム
  • 係り受け構造解析装置、係り受け構造解析方法、及びコンピュータで実行可能なプログラム
Books (8):
  • ことばと文字 14号
    日本のローマ字社,くろしお出版 (発売) 2021 ISBN:9784874240496
  • 日本語教育よくわかる語彙
    アルク 2019 ISBN:9784757433380
  • 時間の流れと文章の組み立て-林言語学の再解釈
    ひつじ書房 2017 ISBN:4894768739
  • 話し言葉コーパス: -設計と構築- (講座 日本語コーパス)
    朝倉書店 2015 ISBN:4254516037
  • 書き言葉コーパス (講座 日本語コーパス)
    朝倉書店 2014 ISBN:4254516029
more...
Lectures and oral presentations  (63):
  • Design and Analyses of Japanese Speech Corpora
    (LIV Congresso Internazionale della Società di Linguistica Italiana, Corpora internazionali 2021)
  • Showa Speech Corpus: Design, Compilation and Analysis
    (16th International Conference of the European Association for Japanese Studies 2021)
  • 非流暢で自然な日本語:文法の観点から
    (日本語プロフィシェンシー研究学会10周年記念シンポジウム(パネル3:非流暢で自然な日本語) 2021)
  • 『昭和話し言葉コーパス』の構築(4): メタデータの設計とデータの公開
    (シンポジウム「日常会話コーパス」VI 2021)
  • Japanese Corpus Linguistics
    (Workshop: Corpora and Japanese Linguistics 2019)
more...
Professional career (1):
  • Ph.D. (International Christian University)
Work history (15):
  • 2020/04 - 現在 Senshu University Department of Japanese Language and Linguistics, School of International Communication, Senshu University Professor
  • 2019/04 - 現在 National Institute for Japanese Language and Linguistics Spoken Language Division
  • 2019/04 - 2020/03 Senshu University School of Letters Professor
  • 2017/04 - 2019/03 National Institute for Japanese Language and Linguistics Spoken Language Division
  • 2016/04 - 2019/03 Senshu University School of Letters Associate Professor
Show all
Committee career (17):
  • 2019/04 - 現在 日本語文法学会 大会委員
  • 2021/12 - 2021/12 日本語文法学会 第22回大会 実行委員長
  • 2020/12 - 2020/12 日本語文法学会 第21回大会 実行委員長
  • 2013/04 - 2019/03 日本語文法学会 日本語文法学会 学会誌委員
  • 2019 - 2019 言語処理学会 第25回年次大会 大会賞審査委員
Show all
Awards (2):
  • 2016/03 - 言語処理学会 第22回年次大会 優秀賞 「現代日本語における節の分類体系について」
  • 2006/03 - 言語処理学会 第12回年次大会 優秀賞 「代表性を有する現代日本語書き言葉コーパスの設計」(共著)
Association Membership(s) (2):
日本語文法学会 ,  言語処理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page