Rchr
J-GLOBAL ID:200901091995020029   Update date: Apr. 04, 2021

YOSHITERU TAKEKITA

YOSHITERU TAKEKITA
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://www3.kmu.ac.jp/psy/index.html
Research field  (1): Psychiatry
Research keywords  (7): evidence-based medicine ,  electroconvulsive therapy ,  pharmacogenetics ,  clinical psychopharmacology ,  schizophrenia ,  EBM ,  薬理遺伝学
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2017 - 現在 Augmentation therapy of microglia activation inhibitor and effectiveness in patients with treatment resistance schizophrenia: a randomized controlled trial
  • 2017 - 2020 無作為比較試験を基にした治療抵抗性統合失調症の生物学的治療アルゴリズム構築と検証
  • 2014 - 2015 Establishment and Verification of an Algorithm for Personalized Treatment of Schizophrenia Based on Individual Differences
  • 2013 - 2015 統合失調症緊張型に対するm-ECTの生物学的基盤に基づいた治療アルゴリズムの構築
  • 2011 - 2012 統合失調症個別化治療アルゴリズム構築に向けた第2世代抗精神病薬の無作為比較試験
Papers (95):
more...
MISC (63):
more...
Books (7):
  • ChapterIIECTの治療計画 3. ECTの治療計画 通算回数,頻度,刺激条件など「ECTグッドプラクティス 安全で効果的な治療を目指して」
    新興医学出版社 2020 ISBN:9784880027852
  • ChapterIII ECTの実践手技 7.けいれん不発への対応と次回刺激設定「ECTグッドプラクティス 安全で効果的な治療を目指して」
    新興医学出版社 2020 ISBN:9784880027852
  • 「〈電気ショック〉の時代 : ニューロモデュレーションの系譜」
    みすず書房 2018 ISBN:9784622086789
  • 第4章 治療抵抗性 CQ4-4 クロザピンを使用しない場合,治療抵抗性統合失調症に対して 修正型電気けいれん療法(m-ECT)は有用か?「統合失調症薬物治療ガイドライン」
    医学書院 2016 ISBN:9784260024914
  • 第2部 向精神薬の使い方のコツと注意点 第1章 抗精神病薬「精神科薬物治療 こんなときどうするべきか」
    医学書院 2015
more...
Lectures and oral presentations  (270):
  • 長期間統合失調症として治療されていた成人発症II型シトルリン血症の2例
    (第33回日本総合病院精神医学会総会 2020)
  • 本邦における継続・維持ECTのアンケート調査報告
    (第33回日本総合病院精神医学会総会 2020)
  • 本邦における継続・維持ECTのアンケート調査報告(総論)
    (第116回 日本総合病院精神医学会総会 2020)
  • うつ病における SSRI とミルタザピンの治療効果予測因子としての miRNA 発現量の有用性 〜GUNDAM study より〜
    (第 40 回日本臨床薬理学会学術総会 2019)
  • 電気けいれん療法における ketamine と他の導入麻酔薬のけいれん発作の質に与える影響の比較
    (第 40 回日本臨床薬理学会学術総会 2019)
more...
Education (5):
  • 2014 - 2016 University of Bologna Department of Biomedical and NeuroMotor Sciences
  • 2005 - 2009 Kansai Medical University Graduate School Neuropsychiatry
  • 2005 - 2009 Kansai Medical University Graduate School Neuropsychiatry
  • 1997 - 2003 関西医科大学 医学科
  • 1997 - 2003 Kansai Medical University
Professional career (1):
  • 博士(医学)
Work history (7):
  • 2021/04 - 現在 Kansai Medical University Faculty of Medicine Associate professor
  • 2020/04 - 2021/03 Kansai Medical University Medical Center Neuropsychiatry Associate professor
  • 2017/04 - 2021/03 Kansai Medical University Faculty of Medicine
  • 2012/04/01 - 2017/03/31 Kansai Medical University Faculty of Medicine
  • 2009/04/01 - 2011/03/31 Kansai Medical University Faculty of Medicine
Show all
Committee career (33):
  • 2020/04 - 現在 公安委員会/大阪府 大阪府公安委員会指定医
  • 2020 - 現在 日本老年精神医学会 評議員
  • 2017/04 - 現在 The japanese society of clinical neurophychopharmachology
  • 2017/04 - 現在 日本臨床精神神経薬理学会 広報委員会委員
  • 2017/04 - 現在 The japanese society of clinical neurophychopharmachology
Show all
Awards (8):
  • 2018/05 - 関西医科大学同窓会「塩崎安子」賞
  • 2017/05 - 関西医科大学同窓会 関西医科大学同窓会「北西壽子」賞
  • 2016/11 - 日本臨床精神神経薬理学会学会奨励賞受賞
  • 2016/06 - PCN reviewer award
  • 2014/03 - 慈仁会前期海外研修員受賞
Show all
Association Membership(s) (14):
日本うつ病学会 ,  The Japanese Association for Emergency Psychiatry ,  The International college of Neuropsychopharmacology ,  Japanese Society of Neuropsychopharmacology ,  Japanese Society of Schizophrenia Research ,  The Japanese Society of Clinical Pharmacology and Therapeutics ,  Japan Society for Dementia Research ,  Japanese Society of Biological Psychiatry ,  Japanese Association of Pathography ,  近畿ECT連絡会 ,  Japanese Psychogeriatric Society ,  The japanese society of clinical neurophychopharmachology ,  Japanese society of general hospital psychiatry ,  The Japanese Society of Psychiatry and Neurology
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page