Rchr
J-GLOBAL ID:200901092060725810   Update date: Feb. 02, 2019

YANAGISAWA Shizuko

ヤナギサワ シズコ | YANAGISAWA Shizuko
Affiliation and department:
Job title: Lecturer
Research field  (1): Social welfare and social work studies
Research keywords  (4): social welfare ,  social policy ,  Community welfare ,  Occupational Social work
Research theme for competitive and other funds  (12):
  • 2018 - 2023 mechanisms and regulation of socioeconomic disparities in health among the elderly
  • 2018 - 2021 地域包括ケアシステムにおける「生活支援体制整備事業」のモデル化と有用性の実証
  • 2017 - 2021 Estimation of aspiration pneumonia risk using a simple-version assesment sheet for oral care.
  • 2017 - 2021 糖尿病性腎症の重症化に関与する口腔環境要因の解明と口腔版予防プログラムの開発
  • 2017 - 2020 ICTを用いた高齢者の口腔機能維持・管理データベースの開発と構築
Show all
Papers (26):
more...
MISC (11):
  • Yasuhiko Shirayama, Kazumi Ozaki, Shinsuke Katoh, Tetsuo Ichikawa, Saori Iwamoto, Shinji Nagahiro, Shizuko Yanagisawa, Natsumi Fujiwara. 「那賀イ~と,つながる・みまもるプロジェクト」報告書. 平成29年度老人保健事業推進費等補助金中山間地域の地域包括ケアシステム構築における食支援連携促進に資するICT利活用に関する調査研究事業「那賀イーと,つながる・みまもるプロジェクト」報告書. 2018. 1-86
  • Yasuhiko Shirayama, Tetsuo Ichikawa, Kazumi Ozaki, Shizuko Yanagisawa. 徳島県地域包括ケアシステム学会. 月刊介護保険. 2018. No.264. 28-28
  • Shizuko Yanagisawa. 鳴門市地域福祉(活動)計画・座談会(第4回・5回)結果. 鳴門市・鳴門市社会福祉協議会共同研究報告書. 2017
  • 杉澤 秀博, 原田 謙, 杉原 陽子, Shizuko Yanagisawa, 新名 正弥. 中年期男性の生活の送り方に関する調査. 基盤研究A(高齢者における社会的不利の重層化の起序とその制御要因の解明)報告書. 2017
  • Kazumi Ozaki, Natsumi Fujiwara, Shizuko Yanagisawa, Yasuhiko Shirayama. 口腔ケア関連ICTツールを併用した経口摂取支援業務運用ガイドラインの策定に関する研究. 公益財団法人 全国老人福祉施設協議会 平成29年度 全国老人福祉施設研究会議 高知会議 要覧. 2017. 247-252
more...
Books (10):
  • 社会運動研究入門-社会運動研究の理論と技法
    文化書房博文社 2004
  • 権利擁護ブックレット 地域生活を支えるために?判断能力が十分でない人々の権利擁護
    静岡県社会福祉協議会 2005
  • シリーズ 現代の産業・労働 第3巻 労働世界への社会学的接近
    学文社 2006
  • 家庭支援と人権の福祉
    大学図書出版 2008
  • 2016 社会福祉士国家試験過去問解説集
    中央法規出版 2015
more...
Lectures and oral presentations  (66):
  • 高齢者協同組合の可能性と課題-神奈川高齢者生活協同組合川崎支部実態調査を手がかりに-
    (第49回日本社会福祉学会 2001)
  • 高齢者就労に関する視点
    (第51回日本社会福祉学会 2003)
  • 生活保障における就労支援の位置づけに関する一考察-建設労働組合における「仕事づくり」の取り組みを参考に-
    (第11回 社会福祉研究交流集会 2005)
  • 権利擁護を目的としたソーシャルワーク実践-静岡県における地域福祉権利擁護事業の事例から-
    (第53回日本社会福祉学会 2005)
  • 建設労働組合における「高齢者就労問題」の政策過程-東京土建世田谷支部の福祉事業展開を事例として
    (第20回日本地域福祉学会 2006)
more...
Professional career (1):
  • Doctor of Gerontology (J.F. Oberlin University)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page