Rchr
J-GLOBAL ID:200901092818254652   Update date: Aug. 31, 2020

Fujita Motohiro

フジタ モトヒロ | Fujita Motohiro
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://doboku2.ace.nitech.ac.jp/keik/kotsu/lab1/index1.html
Research field  (1): Civil engineering (planning and transportation)
Research keywords  (1): -
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2004 - 現在 マーケティングと企画計画学手法の工学教育的融合研究
  • 2004 - 現在 Defining of Freeway Congestion Using Traffic Information Based on Driver's Consciousness
  • 2000 - 現在 Traffic Planning for Urban Safety Control
  • 1992 - 現在 人間の知覚に基づく一般道路と高速道路の渋滞定義と渋滞評価
  • 1987 - 現在 Study on Traffic Demand Forecasting
Papers (139):
  • 佐々木 啓太, 藤田 素弘, Wisinee WISETJINDAWAT. 巨大地震発生後の愛知県における現実性を考慮した道路復旧アルゴリズムの構築. 交通工学論文集. 2020. 6. 2. A_147-A_155
  • 藤田素弘, 西田 竜之介. 台風豪雨時での自動車帰宅困難の要因分析と交通シミュレーションによる対策評価. 土木学会論文集D3. 2019. 75. 5
  • Motohiro Fujita, Shinji Yamada. HOURLY ORIGIN-DESTINATION DEMAND ESTIMATION USING TIME COEFFICIENTS FROM TRAFFIC COUNTS BASED ON SEMI-DYNAMIC TRAFFIC ASSIGNMENT. DTA2018m-proceedings. 2018. 7
  • Motohiro Fujita, Shinji Yamada, Shintaro Murakami. Time Coefficient Estimation for Hourly Origin-Destination Demand from Observed Link Flow Based on Semidynamic Traffic Assignment. Journal of Advanced Transportation. 2017. 2017
  • Wisinee Wisetjindawat, Amirhassan Kermanshah, Sybil Derrible, Motohiro Fujita. Stochastic Modeling of Road System Performance during Multihazard Events: Flash Floods and Earthquakes. Journal of Infrastructure Systems. 2017. 23. 1
more...
MISC (3):
  • 藤田素弘. 災害時のプローブ活用とナビゲーション. まちと交通. 2019. 69. 1-1
  • 藤田素弘. 交通予測を利用者均衡で概観する. 『高速道路と自動車. 2018
  • Motohiro Fujita. Semantic Content of the Uniqueness Principle. 2016. 22. 1. 21-24
Books (5):
  • 社会基盤の計画学-確率統計・数理モデルと経済諸法-
    理工図書 2013
  • ブレイクスルー思考によるイノベーションマーケティングー羊飼いマーケティングのすすめ
    福村出版 2012
  • 人を惹きつける名古屋都心づくりー都心の変遷と今後の展望ー
    人を惹きつける名古屋都心づくり研究会 2012
  • 交通ネットワークの均衡分析 -最新の理論と解法 -
    土木学会 1998
  • User Equilibrium Analysis on Traffic Network
    The Japan Society of Civil Engineers 1998
Lectures and oral presentations  (59):
  • 観測リンク数が時間変動係数逆推定手法に及ぼす影響分析
    (第60回土木計画学研究発表会(秋大会) 2019)
  • アンケート調査による子育て世代の居住地選択に関する研究
    (第60回土木計画学研究発表会(秋大会) 2019)
  • AIを用いた交差点での交通事故危険性要因データ分析
    (第60回土木計画学研究発表会(秋大会) 2019)
  • プローブデータを用いた信号機制御情報の推定手法の研究
    (第60回土木計画学研究発表会(秋大会) 2019)
  • 巨大地震発生後の愛知県における現実性考慮した道路復旧アルゴリズムの構築
    (第39回交通工学研究発表会 2019)
more...
Committee career (16):
  • 2017/09 - 現在 名古屋市環境影響評価審査会 委員
  • 2014/04 - 現在 日本企画計画学会 名古屋支部幹事
  • 2013/09/01 - 現在 愛知県道路交通環境安全推進連絡会議 アドバイザー
  • 2013/04/01 - 現在 専門委員
  • 2012/05/01 - 現在 豊田市交通まちづくり推進協議会 委員
Show all
Awards (1):
  • 1999/04 - Award of the Japan Society of Civil Engineers
Association Membership(s) (8):
豊田市交通まちづくり推進協議会 ,  一宮市建築審査会 ,  愛知県交通安全対策推進連絡会議 ,  三重県都市計画審議会 ,  日本企画計画学会 ,  日本都市計画学会 ,  交通工学研究会 ,  土木学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page