Rchr
J-GLOBAL ID:200901092938329419   Update date: Jan. 18, 2021

Nakagawa Masahiro

Nakagawa Masahiro
Research field  (1): Sensitivity (kansei) informatics
Research keywords  (5): 脳機能計測 ,  感性計測 ,  ブレインマシンインターフェース ,  フラクタル ,  カオス
Papers (419):
more...
MISC (255):
  • 雑賀洋平, 中村雄一, 市村智康, 中川匡弘. 快適性を評価する環境予測モデルの動的性質. 日本物理学会2021年春季大会(オンライン開催). 2021
  • Masaya Kimoto, Yuya Chiba, Kenji Moriya, Masahiro Nakagawa. Investigation of the Influences on Body Movements in Early Stages of Chick Embryos Exposed to Intermittent Hypoxic Environments. The 5th STI-Gigaku conference, Nagaoka, Niigata, Japan (on Internet conference). 2020
  • Hiromu Sato, Yuya Chiba, Yoshiko Maruyama, Kenji Moriya, and Masahiro Nakagawa. Relationship between Inspiration of Creative Activity and Brain Activity by Simplified Music Composition. 2020
  • 佐藤広務、千葉裕弥、圓山由子、森谷健二、中川匡弘. 創作活動における閃きおよび作品自己満足度と脳活動の関連. 日本福祉工学会九州支部大会2020(熊本工業高等専門学校). 2020
  • Yohei Saika, Yuichi Nakamura, Tomoyasu Ichimura, Masahiro Nakagawa. Static and Dynamic Properties of Bayesian Data Analysis for Environmental Prediction Using Human Sensitivity Based on Mean-field Theory. 2020
more...
Patents (12):
  • 洞察力発揮状態判定装置及び洞察力発揮状態判定方法
  • 感性状態判定装置及び感性状態判定用コンピュータプログラム
  • 脳波測定用器具及び脳波の測定方法
  • 感性状態判定装置
  • 眠気判定装置
more...
Books (14):
  • 生体情報センシングと人の状態推定への応用
    株式会社技術情報協会 2020
  • 生体情報計測による感情の可視化技術
    株式会社技術情報協会 2020
  • 化粧品における感性価値創造-使用感評価と処方設計-
    CMC出版 2020
  • ストレス・疲労のセンシングとその評価技術
    株式会社技術情報協会 2019
  • IoHを指向する感情・思考センシング技術
    シーエムシー出版 2019
more...
Lectures and oral presentations  (122):
  • インテリジェントウェアラブルの実用化に向けて
    (ウェアラブルデバイス研究会セミナー 2019)
  • ビッグデータ解析による快適性及びセキュリティ保全に関する研究
    (第24回高専シンポジウムin Oyama 2019)
  • 脳科学による感性情報の評価と製品開発への応用
    (テックデザイン講習会 2018)
  • インテリジェントウェアラブルの飛躍に向けて
    (第21回ナノテク高機能テキスタイル基盤技術研究会 2018)
  • スマートセンシング技術を用いたロボット制御
    (産学連携ロボットフォーラム(第2回ロボデックス内) 2018)
more...
Education (2):
  • - 1982 Nagaoka University of Technology
  • - 1980 Nagaoka University of Technology
Work history (3):
  • 2001/06/01 - 現在 Nagaoka University of Technology
  • 1989/04/01 - 2001/05/31 Nagaoka University of Technology
  • 1982/04/01 - 1989/03/31 Nagaoka University of Technology
Committee career (6):
  • 2011/04 - 現在 (一社)電子情報通信学会 査読委員
  • 2010/04 - 現在 (一社)計測自動制御学会 運営委員
  • 2010/04 - 現在 日本学術振興会 国際事業委員会書面審査員
  • 2010/04 - 現在 日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員
  • 2006/04 - 現在 日本学術振興会 研究事業部研究助成審査委員
Show all
Awards (12):
  • 2018/12 - (一社)地域ルネッサンス創造機構 シンクタンク・ザ・リバーバンク 長岡イノベーションアワード2019 イノベーションアワード受賞
  • 2017/04 - 文部科学省 平成29年度文部科学大臣表彰 科学技術振興部門 科学技術賞 「カオス及びフラクタル理論に基づいた感性計測技術の振興」
  • 2016/12 - (株)第四銀行 にいがた創業アワード優秀賞
  • 2016/03 - 健康科学ビジネス推進機構 第2回健康科学ビジネスベストセレクションズ 製品・サービス部門入選 「不眠・うつ・不治の病に寄り添う音と振動の発生装置」
  • 2016/03 - (一社)日本感性工学会 2016日本感性工学会優秀発表賞 「脳波のフラクタル解析に基づいた飲料の感性評価」
Show all
Association Membership(s) (6):
International Neural Network Society ,  THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN ,  JAPAN SOCIETY FOR FUZZY THEORY AND INTELLIGENT INFORMATICS ,  JAPANESE NEURAL NETWORK SOCIETY ,  THE JAPANESE LIQUID CRYSTAL SOCIETY ,  THE INSTITUTE OF ELECTRONICS, INFORMATION AND COMMUNICATION ENGINEERS
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page