Rchr
J-GLOBAL ID:200901092966091126   Update date: Aug. 05, 2021

Yutaka Tokunaga

トクナガ ユタカ | Yutaka Tokunaga
Affiliation and department:
Research field  (4): Social welfare ,  Clinical psychology ,  Special needs education ,  Special needs education
Research keywords  (6): 授業の評価と改善 ,  早期発達支援 ,  就労支援 ,  学習スタイルと学習評価 ,  * 2008- Fukuoka University: chldren with SEN learning style and evaluation of learning early support of children with SEN ,  *1989-2008 Tne National Institute of Special Education: children with special educational needs physical disability mental disabilitiy support for communication
Papers (54):
  • Minako KAWAGUCHI, Yasushi MIYAGI, Junji KISHIMOTO, Kazuhiro SAMURA, Yutaka TOKUNAGA, Mari WATARI, Hiroko EGUCHI, Shintaro UEDA, Koji IIHARA. Development of Quality of Life Questionnaire for Patients with Parkinson’s Disease Undergoing STN-DBS. Neurologia medico-chirurgica. 2021. 61. 7
  • 心の動きを表出・表現する. 肢体不自由教育. 2021. 250. 10-15
  • インクルーシブな学校における特別支援教育支援員の活用とその課題 -英国におけるアシスタント制度を手がかりに-. 福岡大学研究部論集 B :社会科学編. 2019. 11. 1-16
  • 重症心身障害のある子どもの学習評価(3)-Sスケールの「補助リスト」とその活用. 肢体不自由教育. 2019. 242. 42-47
  • 重症心身障害のある子どもの学習評価(2)-外界への指向・注意と注意行動のカテゴリ. 肢体不自由教育. 2019. 241. 44-49
more...
MISC (40):
  • 読み書きのメカニズムと難しさ. 教育と医学. 2020. 9・10. 800. 2-3
  • 「特別支援」の可能性 -「障害」からの脱却. 教育と医学. 2019. 795. 2-3
  • 子どもの育ち、私たちの責任. 教育と医学. 2019. 792. 10
  • 新学習指導要領の要点(4)知的障害者である児童生徒に対する教育を行う特別支援学校の各教科について. 肢体不自由教育. 2019. 239. 22-23
  • 支援を必要とする人についての概念. 福岡大学臨床心理学研究. 2018. 17. 1
more...
Books (53):
  • 肢体不自由者(児)の理解 「障害者・障害児心理学」
    NHK出版 2021
  • 乳幼児期における障害とその支援 「障害者・障害児心理学」
    NHK出版 2021
  • 障害の理解・受け止めと家族支援 「障害者・障害児心理学」
    NHK出版 2021
  • 障害と地域生活-社会参加- 「障害者・障害児心理学」
    NHK出版 2021
  • 障害の重い子どもの目標設定ガイド 第2版-授業における「Sスケール」の活用
    慶應義塾大学出版会 2021
more...
Lectures and oral presentations  (57):
  • インクルーシブ教育システム下における障害のある子どもの教科学習の充実 話題提供:「学びの連続性」を確保するための各教科の在り方
    (日本特殊教育学会第58回大会(福岡大会、オンライン) 2020)
  • 分科会:知的障害者への動作法
    (第45回心理リハビリテイションの会 長崎大会 2019)
  • 障害が重度な子どもにとっての教科学習へのチャレンジ
    (九州心理学会第80回大会(熊本大学)シンポジウム「障害のある子どものアセスメント~支援の基礎としての子どもの実態把」 2019)
  • 障害が重度な子どもにとっての 教科学習へのチャレンジ
    (九州心理学会第80回大会(熊本大学)シンポジウム「障害のある子どものアセスメント~支援の基礎としての子どもの実態把」 2019)
  • 生きる力としての「しなやかさ」-子育てにおけるレジリエンス-
    (2019福岡大学大学院学際シンポジウム「レジリエンスを求めて」 2019)
more...
Professional career (1):
  • 教育学研究科修士 (九州大学)
Work history (3):
  • 2008/04 - 福岡大学 人文学部 教授
  • 1989/08 - 2008/03 国立特別支援教育(旧特殊教育)総合研究所 研究員/主任研究官/室長/総括研究員
  • 1995/09 - 1996/03 ロンドン大学教育研究所客員研究員
Awards (1):
  • 2016/11/26 - 日本リハビリテイション心理学会 学会賞(第34号)
Association Membership(s) (4):
日本肢体不自由教育研究会 ,  日本リハビリテイション心理学会 ,  日本教育心理学会 ,  日本特殊教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page