Rchr
J-GLOBAL ID:200901093107586128   Update date: Sep. 02, 2021

Murata Katsuyuki

ムラタ カツユキ | Murata Katsuyuki
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (2): Sociology ,  History - Europe/America
Research keywords  (9): 西インド諸島 ,  人種 ,  移民 ,  アメリカ ,  西インド諸島系 ,  人種 ,  移民 ,  ニューヨーク ,  アメリカ
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • ・人種・エスニシティ・ナショナリティ・シチズンシップ等が交錯する様態を「アフリカン・ディアスポラ」を通して分析する
Papers (18):
  • MURATA Katsuyuki. Solidarity Based Not on Sameness: Aspects of the Black-Palestine Connection. The Japanese Journal of American Studies. 2017. 28. 25-46
  • 村田 勝幸. せめぎ合いの場としての『不可視性』 ー 1960年代後半以降のブルックリン(ニューヨーク)における西インド諸島系の位置. 歴史学研究. 2016. 946. 66-76
  • 村田 勝幸. バラク・オバマの「より完全な連邦」演説にみる人種ビジョン ー 「ポスト人種社会」論への批判的介入のために. アジア太平洋研究. 2013. 38. 19-37
  • 村田 勝幸. アフリカン・ディアスポラと人種連帯のかたち ー 黒人移民史とニューヨーク都市史の交差. 歴史学研究. 2013. 911. 98-107
  • 村田 勝幸. 2009年の歴史学界 ー 回顧と展望(北アメリカ後半). 『史學雑誌』. 2010. 119. 5. 381-385
more...
MISC (9):
  • Katsuyuki Murata. Robin D. G. Kelley, "Solidarity as Worldmaking: The Linked Struggles of Blacks and Palestinians"(Translation). American History. 2021. 44. 4-29
  • 村田 勝幸. Kazuyo Tsuchiya, Reinventing Citizenship: Black Los Angeles, Korean Kawasaki, and Community Participation (書評). アメリカ太平洋研究. 2015. 15. 271-276
  • 村田 勝幸. 貴堂嘉之『アメリカ合衆国と中国人移民』の書評. 歴史学研究. 2013. 907. 59-64
  • 村田 勝幸. Washington Heights ー マンハッタンに浮かぶカリブの島. 『ブロードウェイ・ミュージカル“In the Heights”日本公演パンフレット』. 2010. 36-37
  • 村田 勝幸. 絶望のかなた、驚くほど美しい希望の光」[映画『プレシャス』映画評]. 北海道新聞. 2010
more...
Books (16):
  • 『世界史史料集 11 ー 20世紀の世界II』
    岩波書店 2012
  • 歴史学研究会編『世界史史料集 11 ー 20世紀の世界II』
    岩波書店 2012
  • The African Diaspora and the Contemporary History of New York: Racial Solidarity Based on Diversity
    Sairyusha 2012
  • 『流動する〈黒人〉コミュニティ ー アメリカ史を問う』
    彩流社 2012
  • African American Communities in Flux: Interrogating U.S. History
    Sairyusha 2012
more...
Lectures and oral presentations  (20):
  • 『ヘイトの時代』の移民・難民保護にみるアメリカ史の『特殊性』と『普遍性』 - コメント
    (日本アメリカ史学会第15回年次大会・シンポジウムB 2018)
  • アメリカ黒人とパレスティニアンの連帯に関する一考察 ー エリック・ガーナー事件(2014年7月)とマイケル・ブラウン事件(2014年8月)をめぐって
    (日本アメリカ学会第13回年次大会 2016)
  • 映画「大統領の執事の涙」に学ぶアフリカ系アメリカ人の歴史
    (黒人歴史月間(Black History Month)イベント 2014)
  • 「非自発性」をめぐる批判的再検討
    (日本アメリカ史学会年次大会 2013)
  • 「移民問題」への移民史・社会史からの介入
    (日本アメリカ学会年次大会 2013)
more...
Professional career (1):
  • Ph.D. (the University of Tokyo)
Work history (5):
  • 2019/04 - 現在 Hokkaido University Graduate School of Humanities and Human Sciences Professor
  • 2015/04 - 2019/03 Hokkaido University Graduate School of Letters
  • 2007/04 - 2015/03 Hokkaido University Graduate School of Letters
  • 2000/09 - 2007/03 Hokkaido University Graduate School of Letters
  • 2004/03 - 2005/03 Columbia University
Committee career (5):
  • 2006 - 現在 日本アメリカ史学会 東北・北海道地区幹事
  • 2020/09 - 2021/09 日本アメリカ史学会 編集委員会代表
  • 2019/09 - 2020/08 日本アメリカ史学会 編集委員会副代表
  • 2009/09 - 2013/08 日本アメリカ史学会 運営委員
  • 2007 - 日本アメリカ学会 評議員
Awards (1):
  • 2008 - 日本アメリカ学会清水博賞
Association Membership(s) (4):
北大史学会 ,  日本アメリカ史学会 ,  日本アメリカ学会 ,  American Studies Association
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page