Rchr
J-GLOBAL ID:200901093902407916   Update date: Jun. 03, 2021

Fujii Jun

フジイ ジュン | Fujii Jun
Affiliation and department:
Job title: 教授
Homepage URL  (1): http://www.med.tottori-u.ac.jp/introduction/medicine/about/3318/3326/23768.html
Research keywords  (20): Outbreak ,  Pandemic ,  SARS-Cov-2 ,  Stx2 ,  Stx1 ,  脳症 ,  ワンヘルス ,  ワクチン ,  Gb3 ,  apoptosis ,  ER stress ,  VTEC ,  STEC ,  EHEC ,  オートファジー ,  小胞体ストレス ,  アポトーシス ,  verotoxin ,  O157 ,  O157 apoptosis ER-stress
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2019 - 2021 感染症モデルにおけるMuse細胞の作用に関する研究
  • 1990 - 2012 腸管出血性大腸菌O157感染の動物モデルを作成し、その動物モデルを用いて病態の解析や、診断、治療、ワクチン開発にまで研究を進めている。またベロ毒素や Clostridium difficile toxin Aの毒素作用のメカニズムを分子生物学的に解析して、これら毒素が細胞に誘導する細胞死の分子機構を解析している。
  • レジオネラがマクロファージに感染して細胞内増殖することによって明らかとなる宿主応答(アポトーシス、オートファジー、小胞体ストレス)についても解析を行っている。
  • O157が産生するベロ毒素が中枢神経に与える影響
  • The effect of verotoxin on central nervas system (CNS)
Papers (3):
MISC (6):
more...
Books (5):
  • 麻酔科医が知っておくべき感染症の知識
    株式会社ライフメディコム 2017
  • 戸田新細菌学
    南山堂 2013 ISBN:4525161140
  • 戸田新細菌学 改訂33版
    南山堂 2007 ISBN:4525160136
  • 食中毒検査・診療のコツと落とし穴
    中山書店 2006 ISBN:4521674518
  • レジオネラ感染症
    職場の感染症を防ぐ 中央労働災害防止協会 1999
Lectures and oral presentations  (16):
  • 腸管出血性大腸菌感染症による脳症の病態と治療法
    (第12回救急領域感染症対策セミナー特別講演 岐阜市 2014)
  • 腸管出血性大腸菌感染症による脳症の病態解明と新規治療法の開発
    (第87回日本細菌学会総会 シンポジウム 腸管出血性大腸菌感染症-基礎研究と応用の連携 2014)
  • 腸管出血性大腸菌感染症による脳症の病態と診断・治療の開発
    (第66回秋田県感染症研究会 2012)
  • 腸管出血性大腸菌感染症による急性脳症の発症機序・診断と治療法の展望
    (シンポジウム「腸管出血性大腸菌の現状-その病態と疫学-」、平成23年度日本獣医師会 獣医学術学会年次大会(北海道) 2012)
  • 腸管出血性大腸菌感染症の現状の問題
    (第50回福岡感染症懇話会 2011)
more...
Education (1):
  • - 1987 University of Occupational and Environmental Health, Japan
Professional career (1):
  • (BLANK)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page