Rchr
J-GLOBAL ID:200901093995493043   Update date: Oct. 20, 2021

Kawabe Midori

カワベ ミドリ | Kawabe Midori
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (3): Environmental policy and society ,  Environmental impact assessment ,  Environmental dynamics
Research keywords  (5): Education for Sustainable Development (ESD) ,  Participatort Action Resaerch ,  Social Learning ,  Ocean resource and environment management ,  Coastal Zone Management
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2019 - 2023 持続可能な海洋開発のための社会影響評価手法の開発
  • 2016 - 2021 Developing a framework of stakeholders' dialogues for coastal zone management via action research
  • 2010 - 2015 総合的な沿岸域管理のための協同的基盤構築
  • 2007 - 2010 地域共同体によるアジア型沿岸資源管理の段階的発展過程
  • 2006 - 2007 開発分野におけるケースメソッドの展開:ニーズに基づく国際連携を目指して
Show all
Papers (49):
MISC (17):
  • 川辺みどり. 沿岸域における気候変動適応. グリーンエイジ. 2020. 47. 6
  • 川辺みどり. (特集 東京オリンピック・パラリンピックに向けた沿岸域の取組み )特集によせて. 沿岸域学会誌. 2019. 31. 4. 2-3
  • HIDAKA, Ken, KAWABE,Midori. チェサピーク湾における沿岸域管理の仕組み. 沿岸域学会誌. 2018. 30. 4. 52-56
  • KAWABE,Midori. Social Learning -Learning with and from others toward sustainable use of natural resources and environments. 2018. 433. 2-3
  • 川辺みどり. 沿岸域管理の10年と、これからの展開に向けて特集によせて. 沿岸域学会誌. 2018. 31. 2. 58-62
more...
Books (13):
  • Water, Knowledge and the Environment in Asia
    Routledge 2017
  • 海辺に学ぶ 環境教育とソーシャル・ラーニング
    東京大学出版会 2017 ISBN:9784130633659
  • 江戸前の環境学: 海を楽しむ・考える・学びあう12章
    東京大学出版会 2012
  • 江戸前の環境学: 海を楽しむ・考える・学びあう12章
    東京大学出版会 2012
  • 江戸前の環境学: 海を楽しむ・考える・学びあう12章
    東京大学出版会 2012
more...
Professional career (2):
  • (BLANK) (Tokyo University of Fisheries)
  • (BLANK) (The University of Tokyo)
Awards (6):
  • 2019/07 - 日本沿岸域学会 論文賞 漁業操業制限補償法に基づく漁業制限補償の仕組みと 漁業補償の諸問題
  • 2017/07 - 日本沿岸域学会 出版・文化賞 書籍「海辺に学ぶ 環境教育とソーシャル・ラーニング」
  • 2012/07 - 日本沿岸域学会 出版・文化賞 書籍「江戸前の環境学」(川辺みどり・河野博 編著、東京大学出版会)
  • 2010/10 - 地域漁業学会 地域漁業学会奨励賞(中楯賞)
  • 2008/08 - クリタ水・環境科学振興財団 クリタ水・環境科学研究優秀賞 「総合的な沿岸域管理」による水質保全をめざして-北海道・厚岸町の挑戦
Show all
Association Membership(s) (4):
The coastal Society ,  国際漁業学会 ,  地域漁業学会 ,  日本沿岸域学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page