Rchr
J-GLOBAL ID:200901094317988390   Update date: Oct. 22, 2021

Yamada Masahiro

ヤマダ マサヒロ | Yamada Masahiro
Affiliation and department:
Other affiliations (1):
  • 岐阜県数学教育協議会 会長
Research field  (2): Primary/secondary education and curricula ,  Basic analysis
Research keywords  (9): 算数科、数学科に関する教材開発 ,  共役調和関数 ,  ハーディー空間 ,  積分作用素 ,  拡張関数 ,  テープリッツ作加素 ,  カールソン不等式 ,  放物型方程式 ,  ベルクマン空間
Research theme for competitive and other funds  (20):
  • 2016 - 2020 放物型ハーディー空間とその上で定義された積分作用素に関する研究
  • 2013 - 2016 放物型方程式の解からなる関数空間の研究
  • 2013 - 2015 放物型方程式の解からなる関数空間の研究
  • 2013 - 2015 放物型方程式の解からなる関数空間の研究
  • 2013 - 2015 放物型方程式の解からなる関数空間の研究
Show all
Papers (71):
  • 淺井洋佑, 古賀英一, 吉田竹虎, 山田雅博. 新しい時代を生き抜く生徒の育成 -生徒自らが学校と社会をつなぐカリキュラムの設計-. 岐阜大学教育学部研究報告 教育実践研究・教師教育研究. 2020. 22. 41-50
  • 南谷雄一, 吉田竹虎, 古賀英一, 山田雅博. 学びを深める児童の育成 -「見通す力」「柔軟に表す力」「学びを捉える力」を育む-. 岐阜大学教育学部研究報告 教育実践研究・教師教育研究. 2020. 22. 31-40
  • 太田成美, 菱川洋介, 山田雅博. 高校数学におけるデータ分析に関する授業実践. 岐阜数学教育研究. 2019. 17. 70-108
  • 清水雄哉, 山田雅博. 分数同士の除法を題材とした小学生向けの授業実践. 岐阜数学教育研究. 2019. 17. 49-69
  • 水野佑美, 山田雅博. 投影図を用いた教材の開発と実践. 岐阜数学教育研究. 2019. 17. 29-48
more...
MISC (19):
Education (3):
  • 1992 - 1994 北海道大学大学院理学研究科博士課程数学 退学
  • 1990 - 1992 北海道大学大学院理学研究科修士課程数学
  • 1986 - 1990 Hokkaido University of Education
Professional career (1):
  • (BLANK)
Work history (7):
  • 2018/04 - 現在 Gifu University Faculty of Education
  • 2016/04 - 2018/03 Gifu University Faculty of Education
  • 2014/04/01 - Gifu University Faculty of Education
  • 2007/04 - 2014/03 Gifu University Faculty of Education
  • 1998/04 - 2007/03 Gifu University Faculty of Education
Show all
Committee career (8):
  • 2020/04 - 2021/03 大日本図書株式会社 編集委員
  • 2019/05 - 2020/03 岐阜県教育委員会 高校数学セミナー開催委員
  • 2017/01 - 2017 日本数学教育学会 創立百周年記念事業実行委員会(記念表彰委員会)委員
  • 2017/01 - 2017 日本数学教育学会 創立百周年記念事業実行委員会(特別募金委員会)委員
  • 2012/04 - 大垣市教育委員会 大垣市わくわく算数アドベンチャー実行委員会副委員長
Show all
Awards (1):
  • 2018/08 - 日本数学教育学会 日本数学教育学会創立百周年記念表彰
Association Membership(s) (2):
Japan Society of Mathematical Education ,  Mathematical Society of Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page