Rchr
J-GLOBAL ID:200901094796829578   Update date: Sep. 01, 2020

Osaka Akiyoshi

オサカ アキヨシ | Osaka Akiyoshi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (2): http://apatite.biotech.okayama-u.ac.jp/http://apatite.biotech.okayama-u.ac.jp/
Research field  (4): Inorganic materials ,  Inorganic and coordination chemistry ,  Biomaterials ,  Biomedical engineering
Research keywords  (2): 医用生体材料 ,  Biomaterials
Research theme for competitive and other funds  (10):
  • 1972 - 有機-無機ハイブリッド材料の開発と医療への応用
  • 1972 - 高度生体適合-血液適合性金属またはセラミックス
  • 1972 - バイオミネラリゼーションの分子動力学シミュレーション
  • 1972 - 高機能生体活性分子吸着分離材の開発
  • 1972 - 生体活性材料の設計と活性発現機構の解明
Show all
MISC (366):
Patents (8):
  • アパタイト複合体及びその製造方法
  • 血液浄化あるいは血しょう浄化用吸着剤およびその吸着剤を充填したモジュール並びにそのモジュールを用いた血液あるいは血しょうの浄化方法
  • 生体親和性インプラントの製造方法
  • アパタイト複合体及びその製造方法
  • 血液浄化あるいは血漿浄化用吸着剤およびその吸着剤を充填したモジュール並びにそのモジュールを用いた血液あるいは血漿の浄化方法
more...
Books (18):
  • ゾルーゲル法技術の最新動向
    シーエムシー出版 2010 ISBN:9784781302270
  • 臨床医工学スキルアップ講座
    春名正光、八木哲也、田中正夫、明石満 2010 ISBN:9784872593631
  • New Technology of Sol-Gel Processing
    2010 ISBN:9784781302270
  • バイオマテリアルシリーズ3セラミックスバイオマテリアル
    株式会社コロナ社 2009
  • 生体用結晶化ガラス
    セラミックス 2008
more...
Lectures and oral presentations  (362):
  • キトサン-GPTMSハイブリッドによる神経再生用足場材料の創製
    (第14回生体関連セラミックス討論会 2010)
  • ヒドロキシアパタイトの構造の乱れとin vitro溶解性
    (第14回生体関連セラミックス討論会 2010)
  • GRAPE Technologyによるチタンインプラント材料の開発
    (第32回日本バイオマテリアル学会 2010)
  • 生体活性セラミックスの特性評価に関する標準化(2)多孔体の強度試験法
    (第32回日本バイオマテリアル学会 2010)
  • シリコン置換ヒドロキシアパタイトの合成と構造解析
    (第17回ヤングセラミストミーティングin中四国 2010)
more...
Works (20):
  • コラーゲン鋳型によるシリカチタニアナノチューブの作製と医化学応用
    2011 - 2013
  • 金属ナノ酸化層への光照射技術を利用した硬・軟組織親和性ミクロインプラントの開発
    2011 - 2012
  • アンビエントナノテクノロジーによる材料と生体組織結合性の制御
    2011 - 2012
  • 高生体親和性アパタイトセラミックスの創製:構造欠陥と生体機能発現
    2010 - 2012
  • 高生体親和性アパタイトセラミックスの創製:構造欠陥と生体機能発現
    2010 - 2012
more...
Education (4):
  • - 1972 Kyoto University
  • - 1972 Kyoto University
  • - 1970 Okayama University
  • - 1970 Okayama University
Professional career (1):
  • Doctor of Engineering (Kyoto University)
Work history (4):
  • 2004 - - 岡山大学自然科学研究科 教授
  • 2004 - - Professor,Graduate School of Natural Science and Technology,Okayama University
  • 1984 - 1985 University of California, Los Angeles
  • 1984 - 1985 Post Doctoral Fellow
Committee career (10):
  • 2010 - 日本バイオマテリアル学会 座長
  • 2010 - 第3回国際セラミックス学会 座長
  • 2010 - 第3回国際セラミックス学会 オーガナイザー
  • 2009 - 34th International Conference on Advanced Ceramics & Composites in Daytona Beach オーガナイザー
  • 2009 - 34th International Conference on Advanced Ceramics & Composites in Daytona Beach 座長
Show all
Awards (4):
  • 2010 - 2nd Place - Best Paper Award
  • 2009 - おかやま産学官連携大賞
  • 2007 - ヤングセラミスト大賞 研究部門
  • 1994 - 第48回日本セラミック協会学術賞
Association Membership(s) (14):
第3回国際セラミックス学会 ,  34th International Conference on Advanced Ceramics & Composites in Daytona Beach ,  9th Asian Bioceramics Symposium ,  33th International Conference on Advanced Ceramics & Composites in Daytona Beach ,  日本バイオマテリアル学会 ,  ガラス工学会(Society of Glass Technology)united kingdom ,  材料学会(Materials Research Society) ,  アメリカセラミックス協会(The American Ceramic Society) ,  応用物理学会 ,  日本化学会 ,  日本セラミックス協会 ,  3rd International Congress on Ceramics incorporating the 23th Fall Meeting of Ceramic Society of Japan and the 20th Iketani Conference ,  9th Asian Bioceramics Symposium ,  American Ceramics Society
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page