Rchr
J-GLOBAL ID:200901094984353793   Update date: Jan. 01, 2022

MITOBE YOSHIE

ミトベ ヨシエ | MITOBE YOSHIE
Affiliation and department:
Research field  (2): Gender studies ,  History - Europe/America
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2020 - 2021 「現代ドイツにおける市民の社会参加に関する研究:スポーツと社会運動をめぐる政治」(研究代表者:田中ひかる)
  • 2016 - 2020 東ドイツ社会国家にみるセクシュアリティと政治の関係性
  • 2016 - 2019 東ドイツ社会国家にみるセクシュアリティと政治の関係性
  • 2018 - 2019 「近代ドイツのセクシュアリティをめぐる政治」
  • 2013 - 2016 戦後ドイツ社会国家におけるセクシュアリティの統制と解放
Show all
Papers (36):
  • 「石井香江『電話交換手はなぜ「女の仕事」になったのか』(ミネルヴァ書房,2018年」. 2019. 31-38
  • 「栗原涼子著『アメリカのフェミニズム運動史:女性参政権から平等憲法修正条項へ』彩流社,2018年」. ジェンダー史学会『ジェンダー史学』第15号. 2019. 87-88
  • バーデン大公妃ルイーゼ(1838-1923)と「バーデン女性連盟(BFV)」. 『2017年度社会科学研究所紀要』. 2018. 56. 2. 209-236
  • 「古都ドレスデンでの在外研究」. 政経フォーラム. 2018. 37. 23-32
  • 19世紀ドイツのバーデン自由主義: フリードリヒ大公とバーデン立憲制. 『桜文論叢』(『長沼宗昭教授古稀記念論文集』). 2018. 96. 217-246
more...
MISC (2):
  • 政治社会論「石山徳子『「犠牲区域」のアメリカ:核開発と先住民族』岩波書店,2020年」. 年報政治学. 2021
  • Familie, Ehe und Sexualität in DDR und BRD in den 60er und 70er Jahren, einschließlich einer Fragebogen-Pilotstudie mit DDR-ZeitzeugInnen. The Bulletin of the Institute of Social Sciences. 2021. 34. 2. 1-35
Books (12):
  • 「ドイツの女性運動」『論点・ジェンダー史学』(2021年冬刊行予定)
    ミネルヴァ書房 2021
  • 「ドイツの妊娠中絶をめぐる論争」
    石田勇治編『ドイツ文化事典』丸善出版 2020
  • 「第2章 帝政期2:ナショナリズムから戦争へ」田野大輔・柳原伸洋編『教養のドイツ現代史』
    ミネルヴァ書房 2016
  • 川越修・矢野久編『明日に架ける歴史学:メゾ社会史のための対話』
    ナカニシヤ出版 2016
  • 「性規範の多様化に揺らぐ1960-70年代の西ドイツ社会--『性の図解書』論争にみる公権力側の対応」川越修・辻英史編『歴史のなかの社会国家』
    山川出版社 2016
more...
Lectures and oral presentations  (36):
  • 「Repräsentativ-Umfrage: Sexualität in der ehemaligen DDR(代表調査:旧東ドイツのセクシュアリティ)」
    (2018)
  • 「Sexualität und Politik. Die Einflussnahme der westdeutschen Regierung auf die sexuelle Erziehung und die Sexualmoral zwischen 1960er und 70er Jahren am Beispiel des “Sexualkunde-Atlas”(性と政治:1960-70年代,西ドイツ政府が性教育・性道徳に与えた影響--『性の図解書』を例に)」
    (Tage der Angewandten Linguistik(応用言語学会議) 2016)
  • 「Auseinandersetzungen über die Prostitution und das Reglementierungssystem im wilhelminischen Deutschland am Beispiel des badischen Landtags(ドイツ・ヴィルヘルム期の売買春・管理買春制度をめぐる論争--バーデン邦議会を例に)」
    (Historiker Kolloquium(歴史家コローキウム), 2016)
  • 「性規範の多様化に揺らぐ西ドイツ社会--『性の図解書』論争にみる公権力側の焦り」
    (第11回ジェンダー史学会年次大会 2014)
  • 歴史学とセクシュアリティ--ダグマー・ヘルツォーク『セックスとナチズムの記憶』をめぐって
    (慶應義塾経済学会コンファレンス「歴史認識の現在--理論と実証」 2014)
more...
Education (7):
  • 1999 - 2006 Meiji University
  • 1999 - 2006 Meiji University
  • 2001 - 2004 マンハイム大学社会科学研究科現代史専攻
  • 1996 - 1999 Meiji University
  • 1996 - 1999 Meiji University
Show all
Professional career (2):
  • Doctor (Meiji University)
  • Master (Meiji University)
Work history (12):
  • 2020/10 - 明治大学政治経済学部 教授
  • 2014/04 - 2020/09 明治大学政治経済学部 助教授・准教授
  • 2015/04 - 2017/03 ドイツ・ドレスデン工科大学
  • 2006/04 - 2015/03 Nihon University College of Law Lecturer
  • 2010/04 - 2011/03 Tokyo Woman’s Christian University School of Arts and Sciences, Department of History Lecturer
Show all
Association Membership(s) (5):
比較家族史学会 ,  日本政治学会 ,  ジェンダー史学会 ,  日本ドイツ学会 ,  日本西洋史学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page