Rchr
J-GLOBAL ID:200901095279265563   Update date: Sep. 16, 2019

Nishiyama Noriyuki

ニシヤマ ノリユキ | Nishiyama Noriyuki
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Homepage URL  (1): http://www.flae.h.kyoto-u.ac.jp/
Research field  (2): Foreign language education ,  Literature - European
Research keywords  (3): フランコフォニー ,  言語政策 ,  フランス語教育学
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2011 - 2014 新しい言語教育観に基づいた複数の外国語教育で使用できる共通言語教育枠の総合研究
  • 2004 - 2007 自律学習型CALLの学習効果と学習環境の研究
  • 2004 - 2007 移住者と受入住民の多文化的総合を視座とした共通言語教育
  • 1999 - フランス語普及・教育と植民地主義
  • -
Papers (60):
  • NISHIYAMA Noriyuki. L'origine de de l’enseignement de la grammaire à l’université de Kyoto et ses caractéristiques. Revue japonaise de didactique du français, Etudes didactiques. 2017. 11. 1. 65-81
  • NISHIYAMA Noriyuki. "Internationalization and diffusion strategies of the Japanese Association for French Language Education, Société Japonaise de Didactique du Français, as a Field". The teaching of foreign languages in Japan and international academic activities,. 2017. 69-88
  • NISHIYAMA Noriyuki. Chapitre 6 La Commission Asie-Pacifique. Enseigner le français dans le monde Le livreblanc de la FIPF. 2016. 131-148
  • NISHIYAMA Noriyuki. Action de l’Alliance française en Extrême-Orient au XIXe siècle - les enjeux géopolitiques de la diffusion du français. Le Japon, acteur de la francophonie : enjeux intérieurs, enjeux extérieurs. 2016. 77-90
  • ジャン=フランソワ・グラジアニ, 西山教行. フランスの大学における英語による教育をめぐる論争-外国語による教育にはどのような法的規制が必要か. グローバル化と高等教育』未来共生リンディングス. 2015. 8. 57-69
more...
MISC (29):
  • 西山教行. (招待講演)「外国語教育と複言語主義」. 金沢大学外国語教育研究センター講演会. 2010
  • 西山教行. (招待講演)「フランス語教育は「文化」をどのように語るか」. 関西フランス語研究会シンポジウム『異文化理解と外国語教育-大学における教養主義教育はどこに行く? -L'enseignement des langues etrangeres et l'interculturel 』. 2010
  • 西山教行. (招待講演)「今, 求められる研究者のプロフィール: フランス語教育の場合」. 明治大学大学院文学研究科就職・キャリアアップ講習会. 2010
  • 西山教行. (招待講演)「移民の統合政策としての言語教育の展望-フランスを中心としてヨーロッパの事例からの考察」. 日本言語政策学会関東地区特別大会シンポジウム『政策課題としての多言語多文化共生社会-日本語教育との関連で』. 2010
  • Nishiyama N. A quelles conditions le francais est-il une langue de circulation scientifique dans le contexte mondialise de la recherche en langues?. フランス国立東洋語学校PLIDAM主催国際学会シンポジウム. 2010
more...
Books (49):
  • Dialogues et Cultures numéro 65 : Ecologie du français et diversité des langues. Florilège du IVe congrès de la Commission Asie-Pacifique de la FIPF, Kyoto, 2017
    EME editions 2019
  • La diversité culturelle à l’interculturel dans l’enseignement des langues
    Lambert-Lucas 2019
  • グローバル化のなかの異文化間教育 : 異文化間能力の考察と文脈化の試み
    明石書店 2019 ISBN:9784750348018
  • バイリンガルの世界へようこそ: 複数の言語を話すということ
    勁草書房 2018 ISBN:4326299304
  • フランス語による移民の統合とは何かーフランスにおける成人移民への言語教育政策の変遷と課題
    ココ出版 2018
more...
Lectures and oral presentations  (2):
  • 複言語主義と外国語教育
    (関西大学外国語教育学会第12回研究大会 2018)
  • 「日本の外国語教育にとっての『ヨーロッパ言語共通参照枠』(CEFR)の受容と課題」
    (神戸市外国語大学大学院 修士課程英語教育学専攻 主催第24回 英語教育レクチャーシリーズ 2017)
Education (3):
  • - 1991 Meiji University
  • - 1991 Meiji University
  • - 1990 ポール・ヴァレリー大学大学院 フランス文学研究科, 専門研究課程(DEA)
Professional career (2):
  • (BLANK) (Meiji University)
  • (BLANK)
Committee career (8):
  • 2015/05 - 現在 日本フランス語教育学会 会長
  • 2015/04 - 2017/03 日本言語政策学会 副会長
  • 2012/07 - 2016/07 Fédération internationale des professeurs de français Président de la Commission d'Asie-Pacifique
  • 2005 - 2007 日本フランス語教育学会 学会誌編集長
  • 2000 - 2006 日本フランス語教育学会 理事
Show all
Awards (1):
  • 2013/04 - Gouvernement français Chevalier des Arts et des Lettres
Association Membership(s) (3):
日本フランス語教育学会 ,  外国語および第2言語としてのフランス語史国際学会 ,  日本言語政策学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page