Rchr
J-GLOBAL ID:200901095360699853   Update date: Oct. 05, 2021

Matsumoto Jun

マツモト ジュン | Matsumoto Jun
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (2): http://hp.brs.nihon-u.ac.jp/~vetpara/index.htmlhttps://www.researchgate.net/profile/Jun_Matsumoto4
Research field  (2): Veterinary medicine ,  Parasitology
Research keywords  (8): クリハラリス ,  外来生物 ,  echinococcus ,  ブラストシスチス ,  zoonotic parasitoses ,  zoonotic parasites ,  parasitic diseases ,  parasitology
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2015 - 2019 グルコース摂取機構から探るエキノコックスの寄生適応戦略
  • 2014 - 2019 グローバル化社会における動物由来感染症制御のため国際共同研究と若手者育成
  • 2009 - 2014 人獣共通感染症の戦略的国際疫学研究の推進と若手研究者の実践的育成
  • 2012 - 2013 統合型オミックス解析によるエキノコックスのエネルギー代謝マップの作成
  • 2011 - 2013 特殊感染実験施設を利用した媒介動物標的抗エキノコックスワクチン開発の包括的研究
Show all
Papers (60):
more...
MISC (16):
  • 松本 淳. 人体エキノコックス症に対する治療薬開発研究の現状と展望. 病原微生物検出情報. 2019. 40. 3. 7-8
  • 松本 淳. 人獣共通寄生虫エキノコックス:国内の多包条虫を中心に. MPアグロジャーナル. 2017. 28. 38-41
  • 松本 淳. スイスにおける獣医学教育. Twig's(日本大学獣医学会誌). 2016. 61. 5-15
  • 松本 淳. Molecular and Cellular Biology of Helminth Parasites IX 参加記. 獣医寄生虫学会誌. 2015. 14. 2. 97-100
  • 松本 淳. ESCCAP Meeting に参加して. 獣医寄生虫学会誌. 2015. 14. 1. 58-62
more...
Patents (2):
  • 多包条虫由来の新規蛋白質
  • マラリア原虫の赤血球侵入抑制剤
Books (15):
  • 寄生虫のはなし(永宗ら, 編集)
    朝倉書店 2020 ISBN:9784254171747
  • 寄生虫病学 第3版(日本獣医寄生虫学会編)
    緑書房 2020 ISBN:9784895315692
  • 犬の治療ガイド 2020(辻本ら, 編集)
    EDUWARD Press 2020 ISBN:9784866711218
  • 犬の内科診療 Part 2(総監修 石田卓夫)
    緑書房 2020 ISBN:9784895314282
  • 動物寄生虫病学(四訂版)
    朝倉書店 2019 ISBN:9784254460377
more...
Lectures and oral presentations  (158):
  • 神奈川県のヌマガエル Fejervarya kawamurai におけるマンソン裂頭条虫 Spirometra erinaceieuropaei プレロセルコイド保有状況
    (第164回日本獣医学会学術集会 2021)
  • 神奈川県の野生クリハラリス Callosciurus erythraeus における微胞子虫 Enterocytozoon bieneusi 保有状況とその遺伝子型
    (第164回日本獣医学会学術集会 2021)
  • 神奈川県のクリハラリス Callosciurus erythraeus におけるマダニ類の保有状況
    (第164回日本獣医学会学術集会 2021)
  • Molecular characterization of Myxobolus nagaraensis infecting freshwater gobies
    (28th International Conference of the World Association for the Advancement of Veterinary Parasitology 2021)
  • Prevalence and molecular characterization of Blastocystis isolated from Pallas’s squirrels (Callosciurus erythraeus) in Kanagawa Prefecture, Japan
    (3rd International Blastocystis Conference 2021)
more...
Education (1):
  • - 1997 Hokkaido University 獣医学科
Work history (8):
  • 2019/04 - 現在 Assistant professor, Department of Veterinary Medicine, College of Bioresourse Sciences, Nihon University
  • 2012/04 - 2019/03 Assistant professor, Department of Veterinary Medicine, College of Bioresourse Sciences, Nihon University
  • 2015/02 - 2016/02 Institute of Parasitology, University of Zürich(スイス) 客員研究員
  • 2008/04 - 2012/03 Assistant professor, Department of Veterinary Medicine, College of Bioresourse Sciences, Nihon University
  • 2003/10 - 2008/03 Postdoctoral fellow, Graduate School of Veterinary Medicine, Hokkaido University
Show all
Committee career (5):
  • 2017/09 - 現在 日本獣医寄生虫学会 庶務担当理事
  • 2014/03 - 現在 日本獣医学会 評議員
  • 2010/05 - 現在 日本寄生虫学会 評議員
  • 2009/09 - 現在 日本寄生虫学会 学術委員会委員
  • 2009/04 - 現在 日本獣医寄生虫学会 評議員
Awards (6):
  • 2010/03 - 日本大学生物資源科学部 学部長賞
  • 2009/03 - 第18回 日本寄生虫学会奨励賞
  • 2007/03 - ベストプレゼンテーション賞(第76回日本寄生虫学会大会)
  • 2005/07 - Yong Scientist Award(Taeniasis/Cysticercosis and Echinococcosis International Symposium with Focus on Asia and Pacific)
  • 2004/08 - Best Presentation Award(21st. International Congress of Hydatidology)
Show all
Association Membership(s) (4):
World Association for the Advancement of Veterinary Parasitology ,  日本寄生虫学会 ,  日本獣医学会 ,  日本獣医寄生虫学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page