Rchr
J-GLOBAL ID:200901095695022408   Update date: Sep. 01, 2020

Endo Akira

エンドウ アキラ | Endo Akira
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Homepage URL  (1): http://nature.cc.hirosaki-u.ac.jp/public/akira-endo/
Research field  (2): Rural environmental engineering and planning ,  Plant nutrition, soil science
Research keywords  (6): リンゴ園 ,  物質移動 ,  ナガイモ畑 ,  農地工学 ,  窒素循環 ,  Soil Physics and Agricultural Land Engineering
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2016 - 2019 低負荷施肥体系の確立を目標とした積雪地域の樹園地における窒素動態の解明【課題番号16K07932】
  • 2014 - 2016 積雪地域の樹園地における秋肥は土壌環境に対して負のインパクトを与えるのか?【課題番号26850149】
  • 2010 - 2012 農耕地の余剰窒素が環境にどの程度の負のインパクトを与えるのか?【課題番号 22780224】
  • 2003 - 2005 成層土壌中の汚染物質の移動制御と土壌中の間隙流速ベクトルの同定に関する研究【課題番号03J08318】
  • Soil Physics and Agricultural Land Engineering
Papers (35):
Lectures and oral presentations  (9):
  • 積雪寒冷地の黒ボク土リンゴ園における硝酸態窒素の溶脱特性
    (2019年度農業農村工学会大会 2019)
  • 積雪と融雪を勘案した灰色低地土リンゴ園における硝酸態窒素の溶脱特性
    (2018年度農業農村工学会大会 2018)
  • 無施肥条件の灰色低地土リンゴ園における土壌水分・間隙水ECおよび地温の特徴
    (2017年度農業農村工学会大会 2017)
  • ナガイモ栽培時におけるトレンチャー溝の形成方式が土壌水分移動特性に与える影響
    (2016年度農業農村工学会大会 2016)
  • 施肥・無施肥リンゴ園土壌における無機態窒素の浸透流出挙動
    (2015年度農業農村工学会大会 2015)
more...
Professional career (1):
  • 博士(農学)
Committee career (4):
  • 2019/04 - 現在 青森県県土整備部総合評価競争入札審査委員
  • 2015/06 - 2017/03 屏風山地域産地力強化作戦会議共同会長
  • 2013/09 - 2015/08 青森県農業農村整備工事総合評価審査員
  • 2012/04 - 2014/03 農業農村工学会東北支部代表幹事
Awards (3):
  • 2020/02 - International Conference of Environmental and Rural Development (ICERD) Awards of Excellent Poster - 11th ICERD The Influence of Percolation Patterns on Copper and Cadmium Uptake, Growth and Yield of Rice Plants in Copper- and Cadmium-Polluted Stratified Paddy Fields
  • 2017/02 - International Conference of Environmental and Rural Development (ICERD) Awards of Excellent Poster -8th ICERD Reducing Cadmium and Copper uptake of Soybeans by Controlling Groundwater Level
  • 2003/05 - 計測自動制御学会 計測自動制御学会優秀発表奨励賞 熱トレーサー法による多孔質物体中の2次元流体移動速度ベクトルおよび熱物性の同時計測法について
Association Membership(s) (2):
土壌物理学会 ,  農業農村工学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page