Rchr
J-GLOBAL ID:200901096314042439   Update date: Apr. 19, 2014

Akira Kinoshita

キノシタ アキラ | Akira Kinoshita
Affiliation and department:
Research field  (2): Sociology ,  International relations
Research keywords  (6): 留学生 ,  フィリピン文化 ,  エスニシティ ,  移民 ,  ナショナリズム ,  フィリピン系アメリカ人
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2011 - 2014 在米アジア系イスラム教徒の生活世界に関する社会学的研究
Papers (2):
  • Kinoshita Akira. What Is Nikkei in the US now?: Identitiy Politics of a Student Organization and "Japanese Americans". The American Review. 2012. 46. 167-185
  • 木下 昭. 慰霊からボランティアへ:ダバオがつなぐ日本人と日系人. アジア遊学:帝国崩壊とひとの再移動-引揚げ、送還、そして残留. 2011. 145. 181-188
MISC (1):
  • 木下昭. 1930年代の在日フィリピン人留学生と国際関係:日本帝国によるソフト・パワー政策の一断面. 東南アジア研究. 2009. 47. 2. 210-226
Books (2):
  • 帝国以後の人の移動 : ポストコロニアリズムとグローバリズムの交錯
    勉誠出版 2013
  • エスニック学生組織に見る祖国
    不二出版 2009
Education (1):
  • - 2007 Kyoto University
Association Membership(s) (4):
日本教育社会学会 ,  日本移民学会 ,  アメリカ学会 ,  日本社会学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page