Rchr
J-GLOBAL ID:200901096330015174   Update date: Sep. 10, 2019

Ohno Makoto

オオノ マコト | Ohno Makoto
Affiliation and department:
Research field  (1): Literature - European
Research keywords  (2): アメリカ文学 ,  American Literature
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 1988 - ウィリアム・フォークナーの作品研究
  • 1988 - William Faulkner and Southern Literature
Papers (16):
  • 大野 真. 形而上学的犯罪小説-コーマック・マッカ-シー『老人の住む国にあらず』論. 東京薬科大学研究紀要. 2019. 22. 1-8
  • 大野 真. 視点の揺らぎ-F・スコット・フィッツジェラルド『最後の大君』論. 東京薬科大学研究紀要. 2018. 21. 1-6
  • 大野 真. フィッツジェラルド『夜はやさし』での役割論. 東京薬科大学研究紀要. 2017. 20. 9-17
  • 大野 真. 『グレート・ギャツビー』論-謎と2重性. 東京薬科大学研究紀要. 2016. 19. 1-8
  • 大野 真. 自然、人種、ジェンダー-ウィリアム・フォークナー『行け、モーセ』論(2). 東京薬科大学研究紀要. 2015. 18. 35-42
more...
MISC (32):
  • ユードラ・ウェルティー「小説における時間について」. 東京薬科大学研究紀要. 2004. 7. 67-74
  • Eudora Welty, "Some Notes on Time in Fiction". The Journal of Tokyo University of Pharmacy and Life Science. 2004. 7. 67-74
  • アメリカ文学の外枠(1)-「均質化」および「生物=機械」. 東京薬科大学研究紀要. 2003. 6. 27-34
  • The Social Background of American Literature:Homogeneity and Mechanization. The Journal of Tokyo University of Pharmacy and Life Science. 2003. 6. 27-34
  • 作家の思想-インタヴューにおけるウィリアム・フォークナー. 東京薬科大学一般研究紀要. 2002. (5), 7-14
more...
Books (5):
  • 英語で読む レイチェル・カーソン『サイレント・スプリング』
    東京薬科大学出版会 2014
  • 山口秀明編著『医療・生命・薬学英語』
    ムイスリ出版 2013
  • メリル・グーズナー『新薬ひとつに1000億円!?-アメリカ医薬品開発の裏側』
    朝日新聞出版 2009
  • Limited Circles in <i>Delta Wedding</i>
    Nanundo 2002
  • 限定された円の機能 -『デルタの結婚式』再考
    國重純二編『アメリカ文学ミレニアム』[II]p180-195 南雲堂 2001
Education (4):
  • - 1990 The University of Tokyo
  • - 1990 The University of Tokyo
  • - 1986 The University of Tokyo
  • - 1986 The University of Tokyo French Literature
Professional career (2):
  • Master of Arts (The University of Tokyo)
  • Bachelor of Arts (The University of Tokyo)
Work history (4):
  • 2013/10 - 現在 Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences
  • 2007/04 - 2013/09 Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences
  • 1999/04 - 2007/03 Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences
  • 1992/04 - 1999/03 Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences
Committee career (1):
  • 1999 - 2001 日本英文学会 事務局長補佐
Association Membership(s) (3):
日本ウイリアム・フォークナー協会 ,  日本アメリカ文学会 ,  日本英文学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page