Rchr
J-GLOBAL ID:200901096482657597   Update date: Feb. 03, 2021

Uno Hidemitsu

ウノ ヒデミツ | Uno Hidemitsu
Affiliation and department:
Job title: Professor,Associate Director of the Center
Research field  (5): Electronic devices and equipment ,  Bioorganic chemistry ,  Structural/physical organic chemistry ,  Functional solid-state chemistry ,  Synthetic organic chemistry
Research keywords  (54): ペリ環状分解反応 ,  クムレン ,  フロリン ,  ポルフィリン ,  分子認識 ,  近赤外色素 ,  ヘキサフィリン ,  BODIPY ,  テトラチオシン ,  消耗性電極 ,  構造有機化学 ,  ピロロイソインドール ,  硫黄炭素混合電極 ,  グルタミン酸 ,  テトラベンゾポルフィリン ,  有機電子材料 ,  ペンタチエピン ,  ボロンジピロメテン ,  ビニルスルフィド ,  トリフルオロメチル基 ,  ペンタセン ,  ポルフィリノイド ,  逆Diels-Alder反応 ,  高共役化合物 ,  キレトロピー分解反応 ,  ポルフィリシ ,  構造解析 ,  SS43405E ,  共役拡張ポルフィリノイド ,  AH-1763 IIa ,  コロネン ,  ペリ環状反応 ,  有機合成 ,  有機化学 ,  色素フィルター ,  抗ウイルス剤 ,  抗生物質 ,  有機発光ダイオード ,  有機トランジスタ ,  有機太陽電池 ,  Coronene ,  Pentacene ,  Porphyrinoid ,  retro-Diels-Alder reaction ,  pericyclic reaction ,  Highly conjugated compounds ,  Organic synthesis ,  Organic chemistry ,  Color filter ,  Antivirus ,  Antibiotics ,  Organic light emitting diode ,  Organic transistor ,  Organic solar cell
Research theme for competitive and other funds  (37):
  • 2019 - 2023 Construction of optically-active distorted pi-conjugated systems and their properties
  • 2013 - 2018 Molecular Architectonics: Orchestration of Single Molecules for Novel Functions
  • 2013 - 2018 Synthesis and fabrication of stimulus-convertible materials for single-molecular devices
  • 2013 - 2014 2,5-シクロヘキサジエン-1,4-ジラジカルの生成とその応用研究
  • 2011 - 2014 Exploitation of synthetic methods for highly conjugated compounds and evaluation of their properties
Show all
Papers (263):
MISC (600):
Patents (40):
Books (6):
  • 有機スペクトル解析 -MS・IR・NMRデータを読む
    丸善出版 2014 ISBN:4621087606
  • 有機スペクトル解析 : MS・IR・NMRデータを読む
    丸善出版 2014 ISBN:9784621087602
  • はじめての有機スペクトル解析 : IR、NMR、MSデータを読む
    丸善 2004 ISBN:9784621075050
  • はじめての有機スペクトル解析 IR、NMR、MSデータを読む
    丸善株式会社 2004 ISBN:4621075055
  • 第5版実験化学講座 15 「有機合成III アルデヒド・ケトン・キノン」 日本化学会編 分担執筆
    丸善株式会社丸善 2003
more...
Lectures and oral presentations  (621):
  • ヒドロキシフェニル基を有する1,5-ジアザフルバレン骨格化合物の合成と物性
    (複素環化学討論会講演要旨集 2015)
  • シクロ[8]ピロールホスホン酸塩の合成と物性
    (基礎有機化学討論会要旨集 2015)
  • ベンゾポルフィリン希土類金属錯体の合成
    (基礎有機化学討論会要旨集 2015)
  • ポルフィリン-ヘキサピロロヘキサアザコロネン二量体の合成と物性
    (基礎有機化学討論会要旨集 2015)
  • ピロロ[3,4-f]イソインドール骨格を有する二重N-混乱ポルフィリノイドの合成と物性
    (基礎有機化学討論会要旨集 2015)
more...
Works (25):
  • フタロシアニンブランチポリマーの開発
    2010 - 2011
  • 超耐熱性可視光吸収色素及び色素増感用赤外吸収色素の開発
    2010 - 2011
  • 臭素を含む機能材料の探索研究
    2009 - 2010
  • 有機EL発光材料の可溶化と塗布型プロセスへの適用
    2009 - 2010
  • 前駆体塗布法有機電界効果型トランジスタ作成用試薬の開発
    2009 - 2009
more...
Education (4):
  • 1982 - 1984 Kyoto University Department of Chemistry
  • 1980 - 1982 Kyoto University Department of Chemistry
  • - 1982 Kyoto University
  • 1976 - 1980 Kyoto University Department of Chemistry
Professional career (1):
  • Dr of Science (Kyoto University)
Work history (19):
  • 2015/04 - 現在 Ehime University Executive Director and Vice President
  • 2009 - 現在 Ehime University
  • 2013/04 - 2015/03 Ehime University Faculty of Science Dean
  • 2012/04 - 2013/03 Ehime University Faculty of Science Vice Dean
  • 2008/08 - 2011/03 Kyushu University Institute for Materials Chemistry and Engineering Specially-appointed Professor
Show all
Committee career (6):
  • 2014/04 - 現在 基礎有機化学会 理事
  • 2008/03 - 現在 臭素化学懇話会 会長
  • 2007/03 - 現在 有機合成協会 中国四国支部幹事
  • 2009/03 - 2011/02 有機合成協会 評議員
  • 2009 - 2011 Synthetic Organic Chemistry 評議員
Show all
Awards (3):
  • 1989/11 - 有機合成協会中国四国支部 有機合成協会中国四国支部奨励賞
  • 1989 - Aword of Synthetic Organic Chemistry Chugoku-Shikoku Division
  • 1984/07 - 野津奨励賞
Association Membership(s) (17):
Royal Society of Chemistry ,  臭素化学懇話会 ,  光化学協会 ,  ポルフィリン・フタロシアニン学会 ,  国際複素環学会 ,  電気化学協会 ,  有機合成協会 ,  日本化学会 ,  Royal Society of Chemistry ,  Community of bromine application ,  Japanese Photochemistry Association ,  American Chemical Society ,  Society of Porphyrins and Phthalocyanines ,  International Society of Heterocyclic Chemistry ,  Electrochemical Society of Japan ,  Synthetic Organic Chemistry ,  Chemical Society of Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page