Rchr
J-GLOBAL ID:200901097864252569   Update date: Aug. 28, 2020

Kono Koji

コウノ コウジ | Kono Koji
Research field  (1): Digestive surgery
Research keywords  (16): Surgical Oncology ,  Tumor Immunology ,  Gastroenterology ,  外科腫瘍学 ,  腫瘍免疫学 ,  消化管学 ,  Tumor Immunology ,  Surgery for upper GI tract ,  Gastroenterological surgery ,  腫瘍免疫学 ,  腫瘍免疫 ,  上部消化管の外科 ,  消化器外科学 ,  消化器外科学 ,  Tumor Immunology ,  Gastroenterological Surgery
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • ・Elucidation of Immunosuppresine mechanism in cancer patients. ・Tumor vaccination Therapy for cancer patients. ・Adoptire Immunotherapy for cancer patients.
  • 胃癌におけるQOL維持を目的とした再建法の確立
  • 食道癌手術における再建胃管の血流維持の手技
  • 食道癌に対する合理的リンパ節郭清術の確立
  • ・癌患者における免疫抑制機序の解明 ・癌ワクチン療法 ・活性化リンパ球移入療法
Show all
MISC (145):
Books (5):
  • 日本臨床
    日本臨床社 2008
  • 「胃癌-基礎・臨床研究のアップデート-」胃癌の免疫療法
    日本臨床社 2008
  • 主題1 消化管のパウチ手術 1)胃切除後のパウチ手術 ,手術手技研究会記事
    金原出版 2007
  • バレット食道癌の進展様式とリンパ節郭清,消化器病学の進歩2005-モノグラフ 消化管編
    日本消化器病学会 2005
  • B 消化器疾患 小腸 イレウス
    メディカルビュー社 2003
Lectures and oral presentations  (292):
  • 胃に直接浸潤を来した膵腺房細胞癌の1例
    (第23回腹部放射線研究会 2009)
  • 拡張型心筋症の周術期管理における塩酸ランジオロールの使用経験
    (周術期管理セミナー ー消化器外科手術於いてー 2009)
  • 血管合併切除・再建により切除し得た消化器悪性腫瘍の手術例
    (第70回日本臨床外科学会総会 2008)
  • 食道遊離空腸吻合術後の高度狭窄(盲端化)に対して食道ステントを留置した1例
    (第70回日本臨床外科学会総会 2008)
  • Billroth II法再建症例における残胃癌手術の再建法の工夫
    (第70回日本臨床外科学会総会 2008)
more...
Education (2):
  • - 1987 山梨医科大学
  • - 1987 Yamanashi Medical University
Professional career (2):
  • Ph.D. (Yamanashi Medical University)
  • PhD
Work history (9):
  • 2007/04 - 山梨大学准教授(外科学講座第1教室)
  • 2003/10 - 山梨大学助教授(外科学講座第1教室)
  • 1996 - 2003 Assistant Professor, Yamanashi Medical University
  • 2003 - - Associate Professor, University of Yamanashi
  • 2002/10 - 山梨大学講師(外科学講座第1教室)
Show all
Awards (8):
  • 2008 - 第13回山梨科学アカデミー奨励賞
  • 2006 - 第48回日本消化器病学会大会優秀演題賞
  • 2005 - Best Poster of the Session Prize award.
  • 2003 - 日本消化器外科学会 平成15年度国際交流奨励賞
  • 2002 - 平成14年度がん集学的治療研究財団一般研究奨励賞
Show all
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page