Rchr
J-GLOBAL ID:200901098206216008   Update date: Sep. 06, 2021

SEKI Tomoaki

セキ トモアキ | SEKI Tomoaki
Affiliation and department:
Research field  (4): Philosophy and ethics ,  Physical and health education ,  Education - general ,  Business administration
Research keywords  (5): 経営学 ,  体育学 ,  教育学 ,  体育スポーツ経営学 ,  Management of Physical Education and Sport
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2020 - 2024 部活動が「過熱化」する根源的なプロセスの解明
  • 2017 - 2020 知識基盤社会と部活動をつなぐ理論的枠組みの構築
  • 2018 - 2019 スポーツ合宿が地域にもたらす経済波及効果の検証-新たな測定指標を用いての実証的研究-
  • 2015 - 2016 スポーツ合宿が地域にもたらす経済波及効果の推計
  • 2013 - 2016 Search about the State of the 21st Century School Athletic Activity
Show all
Papers (16):
  • Tomoaki SEKI. Criticism of Criticism against "Winnism" -Based on Definition and Value of Sport-. 2020. 17. 3. 117-129
  • 関 朋昭. 世の中のあらゆる「集まり」における普遍法則の発見. 名寄市立大学紀要. 2019. 13. 1-5
  • 関 朋昭. 学校部活動の教員負担に関する研究. しごと能力研究. 2018. 6. 28-49
  • 関 朋昭. 部活動は「チームで働く力」を本当に育むのか. 名寄市立大学紀要. 2018. 12. 1-10
  • 関 朋昭. なぜ吹奏楽部は文化部なのか-運動部と文化部のダイコトミーに着目して-. 名寄市立大学紀要. 2017. 11. 7-16
more...
MISC (11):
  • 関 朋昭. 図書紹介 尾見康博著「日本の部活(BUKATSU)-文化と真理・行動を読み解く」. 日本部活動学会研究紀要. 2021. 3. 65-67
  • 荻野大助, 関朋昭. フィンランド共和国の高等学校・応用科学大学・大学の視察報告 : 冬季スポーツと大学の観点から. コミュニティケア教育研究センター年報. 2019. 3. 117-122
  • 関朋昭, 荻野大助. 名寄市における冬季スポーツの普及と環境づくりについて : フィンランド共和国の視察を通じて. コミュニティケア教育研究センター年報. 2019. 3. 123-129
  • 学校運動部活動の活性化に寄与するツール作成の試み. 北海道体育学研究. 2003. 38, 15
  • An attempt to make a tool for activating sport club activity in high school. Hokkaido Journal of Physical Education, Health and Sport Sciences. 2003. 38, 15
more...
Books (2):
  • 日本における運動部活動の独創性-その誕生と経営-
    日本体育社 2019
  • スポーツと勝利至上主義 : 日本の学校スポーツのルーツ = Sport and victory supremacy
    ナカニシヤ出版 2015 ISBN:9784779509438
Lectures and oral presentations  (24):
  • 組織に属するということ-愚痴や悪口が多くなるカラクリ-
    (名寄市立大学オンライン市民公開講座 2020)
  • オリンピックの成り立ち-古代から近代へのつながり-
    (NSCジュニアスポーツアカデミー公開セミナー)
  • 部活動を議論するための「部」の定義づけ
    (日本部活動学会第3回大会(兵庫教育大学) 2020)
  • 転換期を迎えた日本の部活動
    (令和元年度而学会 2019)
  • 改めてスポーツとは何か -勝利至上主義の視点から-
    (令和元年北海道スポーツ指導者ブロック研修会 2019)
more...
Professional career (3):
  • (BLANK)
  • 修士(MBA) (小樽商科大学)
  • 修士(教育学) (北海道教育大学札幌校)
Work history (3):
  • 2021/09 - 現在 National Institute of Fitness and Sports in Kanoya Sports Humanities and Applied Social Science
  • 2017/04 - 2021/08 Nayoro City University
  • 2010/04 - 2017/03 Nayoro City University
Committee career (3):
  • 2018/04 - 現在 日本高校教育学会 編集委員
  • 2008/04 - 現在 北海道体育学会 理事(大会委員長)
  • 2020/04 - 2022/03 日本部活動学会 理事(研究担当)
Awards (2):
  • 2017 - 北海道体育学会 学会賞
  • 2015 - International Coaching Science Conference Choroid Sprouting Assay
Association Membership(s) (8):
Society for Research on Work Competency ,  日本部活動学会 ,  JAPANESE SOCIETY OF EDUCATION AND HEALTH SCIENCE ,  日本高校教育学会 ,  経営哲学学会 ,  日本体育・スポーツ経営学会 ,  北海道体育学会 ,  日本体育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page