Rchr
J-GLOBAL ID:200901098239139653   Update date: Sep. 01, 2020

Kawamoto Masuki

カワモト マスキ | Kawamoto Masuki
Affiliation and department:
Other affiliations (1):
  • 創発物性科学研究センター  専任研究員
Research field  (3): Polymer chemistry ,  Polymer materials ,  Electronic devices and equipment
Research keywords  (5): 機能性高分子 ,  光化学 ,  高分子化学 ,  ナノカーボン ,  液晶
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2018 - 2020 進化的 in vitro 及び in silico 複合選択による中分子薬剤の調製(分担)
  • 2015 - 2018 光熱変換反応を利用した pn ヘテロ接合薄膜の作製に関する研究
  • 2016 - 2017 半導体ポリマーナノシートを用いた可視光応答水素発生光触媒の開発
  • 2010 - 2013 光熱変換色素を利用したヒートモード重縮合反応に関する研究
  • 2010 - 2012 高速応答性有機フォトリフラクティブポリマーの創製と先進情報通信技術の開発(分担)
Show all
Papers (47):
Patents (13):
  • カルバゾール誘導体及びビフェニル誘導体の製造方法並びに新規ビフェニル誘導体
  • g-C3N4 Film Production Method, and Use of Said Film
  • 光異性化材料、光異性化材料の製造方法およびその利用
  • g-C3N4 フィルムの製造方法およびその利用
  • インドロカルバゾール含有イミド化合物及び合成中間体,これらの製造方法,有機半導体組成物,ならびに有機太陽電池素子
more...
Books (3):
  • カーボンナノチューブの表面処理・分散技術と複合化、応用事例
    技術情報協会 2019 ISBN:9784861047725
  • Photochemistry for Biomedical Applications
    Springer-Nature 2018 ISBN:9789811301520
  • 講談社ブルーバックス 光化学の驚異
    講談社 2006 ISBN:9784062575270
Education (1):
  • 1998 - 2003 Tokyo Institute of Technology Environmental Chemistry and Engineering
Professional career (1):
  • 博士(工学) (東京工業大学)
Work history (9):
  • 2016/04 - 現在 Saitama University Graduate School of Science and Engineering
  • 2013/04 - 現在 RIKEN RIKEN Center for Emergent Matter Science Senior Research Scientist
  • 2013/04 - 現在 RIKEN RIKEN Center for Pioneering Research Senior Research Scientist
  • 2011/04 - 2013/03 Shibaura Institute of Technology
  • 2011/04 - 2013/03 RIKEN Senior Research Scientist
Show all
Committee career (4):
  • 2019/01 - 現在 日本MRS 出版オーガナイザー
  • 2016/01 - 現在 日本MRS オーガナイザー
  • 2013/03 - 2014/02 日本化学会関東支部 幹事
  • 2011 - 日本液晶学会 液晶フォトニクス光デバイス研究フォーラム主査
Association Membership(s) (7):
THE MATERIALS RESEARCH SOCIETY OF JAPAN ,  THE JAPANESE PHOTOCHEMISTRY ASSOCIATION ,  American Chemical Society ,  THE JAPAN SOCIETY OF APPLIED PHYSICS ,  THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN ,  日本液晶学会 ,  高分子学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page