Rchr
J-GLOBAL ID:200901098935205300   Update date: Feb. 18, 2021

Takahashi Tatsuo

タカハシ タツオ | Takahashi Tatsuo
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Literature - Japanese
Research keywords  (1): >modern literature
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 中学校・高等学校の教科書教材に関わる日本近現代文学作品の分析、及び多角的なアプローチによる読解方法の研究。
  • ジャポニスムを介した東西文化交流に関わる日本近現代文学文化研究、及び環境文学的な視点からの評価
  • Study of Akutagawa Ryunosuke and Murakami Haruki
Papers (57):
  • 髙橋龍夫. 記憶を語り歴史を紡ぐー「言語文化」の一基層としてー. 国語教室. 2020. 112. 14-17
  • 髙橋龍夫. インターネットー国際的に評価される二一世紀の芥川文学ー. 国際芥川龍之介研究. 2018. 12
  • タカハシ タツオ. Essay on Haruki Murakami’s The Last Lawn of the Afternoon: The Shadow of America Lurking in the Everyday Order. Journal of Literature and Art Studies. 2018. 80. 8. >989
  • タカハシ タツオ. Killing Commendatore as a Story of the Twenty-first Century Inheriting the History of the Twentieth Century. 2018. 293. 2018-5. >9-18
  • 高橋 龍夫. 村上春樹「納屋を焼く」論-80年代繁栄に潜む光と影-. 専修国文. 2018. 102. >1-18
more...
MISC (28):
  • 髙橋龍夫. 創作の内実を探り、文化現象を紐解くー村上春樹論の新たな二つのベクトルー(山愛美著「村上春樹、方法としての小説」・石田仁志/アントナン・ベシュレール編著「文化現象としての村上春樹」). 図書新聞. 2020. 3444. 6-6
  • 高橋 龍夫. 「羅生門」の世界に描かれる野性の美. 図書館教育ニュース. 2019. 1487. >1
  • 高橋 龍夫. 小谷瑛輔『小説とは何か? 芥川龍之介を読む』 芥川文学における自己言及的な構造の意義を解く-文学の可能性の探究として-. 図書新聞. 2018. 3351. >
  • 嶺井正也, 神山安弘, その他. 「実践的教職テキスト」社会知性を身につけた教員へ. 専修大学教職課程協議会. 2017. >12-15
  • 高橋 龍夫. 「インターネットと人間観の変容」-新しいタイプの現代文化批評としてー. 国語教室. 2017. 105. >20-21
more...
Books (23):
  • 芥川文学-モダニズムとしての軌跡
    『芥川龍之介ハンドブック』鼎書房 2015 ISBN:9784907282134
  • 村田孜郎-中日文化交流の先駆者
    『〈異郷〉としての大連・上海・台北』勉誠出版 2015 ISBN:9784585220978
  • 可能性としての物語-「総合小説」としての『1Q84』-
    『村上春樹 表象の圏域』森話社 2014 ISBN:9784864050647
  • 「報恩記」-モダニズムの光と影-
    宮坂覺編『芥川龍之介と切支丹物-多声・交錯・越境』翰林書房 2014 ISBN:9784877373696
  • 近代文学をめぐる酒-必要悪としての愉悦-
    酒読み-文学と歴史で読むお酒- 社会評論社 2012 ISBN:9784784517138
more...
Lectures and oral presentations  (26):
  • 「象の消滅」論ー象の表象とその運命ー
    (第9回村上春樹国際シンポジウム 2020)
  • 記憶から歴史へー「言語文化」の基層ー
    (令和元年度第二回大学部会研究会 2019)
  • 「ハンティング・ナイフ」論ー潜在するムーブメント/移動する舞台ー
    (第8回村上春樹国際シンポジウム 2019)
  • 村上春樹文学における「移動」(Movement)ームーブメントとしての<離脱>と<帰還>ー
    (第8回村上春樹国際シンポジウム 2019)
  • 近代文学教材再考ー心情把握との距離からー
    (第11回専修大学国語教育研究会 2019)
more...
Education (2):
  • 1987 - 1989 University of Tsukuba
  • - 1987 University of Tsukuba
Professional career (2):
  • 修士(教育学) (筑波大学)
  • 博士(文学) (総合研究大学院大学(総研大))
Work history (4):
  • 2003 - Senshu University School of Letters
  • 2001 - 2002 Kagawa University Faculty of Education
  • 1999 - 2000 Kagawa University Faculty of Education
  • 1996 - 1998 Kagawa University Faculty of Education
Committee career (1):
  • 2020/04 - International Society for Akutagawa [Ryunosuke] Studies chairman
Association Membership(s) (9):
European Association for Japanese Studies ,  日本国語教育学会 ,  International Society for Akutagawa Ryunosuke ,  The Society for the Study of Japonisme ,  日本比較文学会 ,  The Association for the Study of Literature and Environment in Japan ,  全国大学国語国文学会 ,  日本文学協会 ,  日本近代文学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page