Rchr
J-GLOBAL ID:200901099139484201   Update date: Jun. 11, 2014

Kaino Tamie

カイノウ タミエ | Kaino Tamie
Research field  (2): Civil law ,  Legal theory and history
Research keywords  (4): 法女性学 ,  家族法 ,  Feminist Law ,  Family Law
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • フェミニスト法理論研究
  • イギリス家族法研究
  • ドメスティック・バイオレンスに関する法学的研究
  • Study on Feminist Legal Theory
  • Study on Family Law in England
Show all
MISC (10):
  • 女性に対する暴力とジェンダー規範. お茶の水女子大学「グローバル化とジェンダー規範」に関する研究会『グローバル化とジェンダー規範』. 2002
  • 家族と暴力. 国立婦人教育会館研究紀要. 1998. 2. 3-12
  • Violence and Family. Journal of the National Women's Education Centre of Japan. 1998. 2. 3-12
  • 女性の視点からみた戦後家族法. 法社会学. 1997. 49. 131-137
  • 法律学とジェンダー論. 労働法律旬報. 1997. 1399・1400. 33-38
more...
Books (14):
  • ドメスティック・バイオレンス
    不磨書房 2002
  • Domestic Violence
    Fuma Shobo 2002
  • ドメスティック・バイオレンス防止法
    向学社 2001
  • Domestic Violence Law
    Shogausha 2001
  • ジェンダーで社会政策をひらく
    ミネルヴァ書房 1999
more...
Education (2):
  • - 1973 Waseda University
  • - 1973 Waseda University
Professional career (1):
  • (BLANK)
Work history (1):
  • Ochanomizu University Faculty of Human Life and Environmental Sciences, Division of Human Life Studies, Department of Social Science and Family Studies
Committee career (4):
  • 2002 - 比較家族史学会 副会長
  • 2002 - 日本女性学会 代表幹事
  • 1999 - 日本法社会学会 理事
  • 1998 - 民主主義科学者協会法律部会 理事
Association Membership(s) (5):
比較家族史学会 ,  民主主義科学者協会法律部会 ,  日本家族〈社会と法〉学会 ,  日本女性学会 ,  日本法社会学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page