Rchr
J-GLOBAL ID:200901099340591628   Update date: Jun. 01, 2016

KENJI MIMINO

ミミノ ケンジ | KENJI MIMINO
Affiliation and department:
Research field  (1): Legal theory and history
Research keywords  (7): 歴史法学 ,  法学史 ,  法体系 ,  近代法 ,  サヴィニー ,  法哲学 ,  西洋法史
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 1993 - サヴィニーの法理論の構造と展開
  • Die Struktur und Entwicklung der Savignys Rechtstheorie
MISC (19):
  • 耳野健二. サヴィニー『現代ローマ法体系』§52の成立過程の一局面--遺稿に基づく一考察. 産大法学. 2015. 第48巻. 3・4号. 670-639
  • 耳野健二. サヴィニー『現代ローマ法体系』の成立過程におけるベトマン=ホルヴェークの指摘の影響--「債務関係の対象」に関わるテクストを素材として. 産大法学. 2014. 47巻. 3・4号. 606-579-頁
  • 耳野健二. サヴィニ-『現代ローマ法体系』の「計画」について--遺稿に基づく若干の考察. 産大法学. 2012. 45巻. 3・4号. 81-110
  • 耳野健二. サヴィニー『現代ローマ法体系』の草稿に関する基礎研究-- Ms.925/11,Bl.184-209の位置づけ. 産大法学. 2011. 44巻. 4号. 1-43
  • ヨアヒム=リュッケルト著, 耳野健二訳. (翻訳)リュッケルト,ヨアヒム「「それは彼がバラを摘むことのできる野ではなかった......」のか--1789年以後の法律学的-哲学的基礎論へのグスタフ=フーゴーの寄与.」. Historia Juris 比較法史研究. 2008. 16. 47-108
more...
Books (3):
  • サヴィニーの法思考-ドイツ近代法学における体系の概念
    末來社 1998
  • Praktische Authropologie beim jungen Savigny.
    Kyoto law Review 1994
  • Begriffsstruktur der Rechtswelt bei Savigny -Das Allgemeine und das Individuelle in dem modernen Rechtsdeuken-
    Kyoto law Review 1993
Education (4):
  • - 1992 京都大学大学院 西洋法史
  • - 1992 Kyoto University
  • - 1990 Kyoto University
  • - 1990 Kyoto University
Professional career (2):
  • (BLANK) (Kyoto University)
  • Master of Laws
Work history (4):
  • 2006 - 現在 Kyoto Sangyo University Faculty of Law
  • 1999 - 2006 Kyoto Sangyo University Faculty of Law
  • 2002 - 2003 アレキサンター・フォン・フンボルト財団奨学生としてドイツ連邦共和国(フランクフルト大学法学部)で在外研究
  • 1994 - 1999 Kumamoto University Faculty of Education
Association Membership(s) (2):
比較法史学会 ,  法制史学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page