Rchr
J-GLOBAL ID:200901099407946876   Update date: Dec. 11, 2020

Kanedera Noboru

カネデラ ノボル | Kanedera Noboru
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://sail.i.ishikawa-nct.ac.jp
Research field  (1): Intelligent informatics
Research keywords  (2): 音声認識 ,  Speech Recognition
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2014 - 2017 統合知識を活用した自学自習用講義ビデオ検索システムの開発
  • 2011 - 2014 知識を活用した講義ビデオ検索システムの開発
  • 2008 - 2011 学習達成度試験による専門教育の質の保証
  • 2007 - 2010 自学自習を支援するビデオ教材検索システムの開発
  • 2002 - 2004 頑健な音声認識技術を用いたビデオ教材作成支援システムの開発
Show all
Papers (40):
more...
MISC (13):
  • 金寺 登, 山田 悟, 石田 博明. 教材共有システムの開発. 石川工業高等専門学校紀要. 2005. 37. 101-106
  • LECTURE SPEECH RECOGNITION AND LECTURE VIDEO SEGMENTATION (jointly worked). International Congress on Acoustics. 2004. Vol.III, pp.2023-2026
  • Continuous Speech Recognitioin Based on the Contribution of Modulation Spectrum (jointly worked). SPEECH DYNAMICS BY EAR, EYE, MOUTH AND MACHINE An Interdisciplinary Workshop SP2003-54. 2003. 103. 155. 67-72
  • Using the Modulation Complex Wavelet Transform for Feature Extraction in Automatic Speech Recognition (jointly worked). Proceedings of European Conference On Speech Communication And Technology. 2001. Vol.4, pp.2639-2642
  • Using the modulation wavelet transform for feature extraction in automatic speech recognition (jointly worked). Proceedings of International Conference on Spoken Language Processing. 2000. Vol.I, pp. 337-340
more...
Lectures and oral presentations  (44):
  • 音声認識深層ニューラルネットワークは何を見ているのか
    (2019年度電気・情報関係学会 北陸支部連合大会 2019)
  • IoT開発方法の自動検索システムの検討
    (2019年度電気・情報関係学会 北陸支部連合大会 2019)
  • 音声認識深層ニューラルネットワークにとって重要な入力情報の抽出
    (日本音響学会2019年春季研究発表会 2019)
  • 深層ニューラルネットワーク可視化方法の検討
    (電子情報通信学会 2018年ソサイエティ大会 2018)
  • 関連講義ビデオ検索システムの開発
    (日本音響学会2018年春季研究発表会 2018)
more...
Works (1):
  • 雑音に強い音声認識基盤ソフトウェアの開発
    2000 -
Education (4):
  • - 1987 The University of Tokyo
  • - 1987 The University of Tokyo
  • - 1985 The University of Electro-Communications
  • - 1983 Ishikawa National College of Technology
Professional career (2):
  • (BLANK) (The University of Tokyo)
  • (BLANK) (Kanazawa University)
Work history (2):
  • 1987 - 1991 Ishikawa National College of Technology
  • 1987 - 1991 Ishikawa National College of Technology, Research Assistant1991-1994 Ishikawa National College of Technology, Lecturer1994-2001 Ishikawa National College of Technology, Assistant Professor1996-1997 Oregon Graduate Institute, visiting scholar
Awards (5):
  • 2012/08 - 国立高等専門学校機構 平成23年度国立高等専門学校教員顕彰 文部科学大臣賞 意欲喚起と自学自習支援による専門教育の充実
  • 2012/03 - 情報処理学会 2011年度山下記念研究賞 意欲喚起と自学自習支援による情報システムクリエータの育成
  • 2011/03 - IPSJ Excellent Educator Award
  • 2010/03 - 情報処理学会 情報処理教育委員会 情報システム教育コンテスト(ISECON2009) 最優秀賞 意欲喚起と自学自習支援による情報システムクリエータの育成
  • 2004 - 人工知能学会 研究会優秀賞
Association Membership(s) (4):
人工知能学会 ,  情報処理学会 ,  日本音響学会 ,  電子情報通信学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page