Rchr
J-GLOBAL ID:200901099496249296   Update date: Jul. 07, 2020

Jimbo Mitsuru

ジンボ ミツル | Jimbo Mitsuru
Research field  (1): Marine/Aquatic life sciences
Research keywords  (6): 発生 ,  共生 ,  Bioactive Protein ,  抗菌タンパク質 ,  Lectin ,  レクチン
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 1999 - 2006 抗菌タンパク質アプリシアニンに関する研究
  • 2003 - アメフラシ卵レクチンの生理機能
  • 2003 - The role of lectins in embryonic development of sea hare.
  • 1999 - The study of antibacterial protein Aplysianin
  • 1998 - サンゴレクチンの性状に関する研究
Show all
Papers (68):
more...
MISC (185):
more...
Books (4):
  • Affinity Chromatography
    INTECH 2012 ISBN:9789535103257
  • Roles of Coral Lectins in Morphological Cahnge of Zooxanthellae Vasta GR,Ahmed H (Eds) Animal Lectins: A Functional View Boca Raton CRC Press
    2008
  • Animal Lectins: A Functional View Boca Raton Roles of Coral Lectins in Morphological Cahnge of Zooxanthellae
    CRC Press 2008
  • Bioactive molecules from sea hares.
    Prog Mol Subcell Biol 43 2006
Lectures and oral presentations  (139):
  • メタゲノム解析による多摩川上,中,下流域の河川水および底泥中の細菌叢の比較
    (日本水産学会大会講演要旨集 2018)
  • 塩辛原料スルメイカの付着細菌叢解析およびイカ塩辛製品細菌叢解析の再現性
    (日本水産学会大会講演要旨集 2018)
  • 新規RFP蛍光タンパク質(Akane family)の連続的マルチ蛍光の研究
    (日本分析化学会年会講演要旨集 2018)
  • 異なるCO<sub>2</sub>濃度条件下でのポリアミンによるCO<sub>2</sub>取り込みとCaCO<sub>3</sub>形成反応
    (マリンバイオテクノロジー学会大会講演要旨集 2018)
  • リン酸塩を吸着したCaCO<sub>3</sub>基盤はサンゴの骨格形成を阻害する
    (マリンバイオテクノロジー学会大会講演要旨集 2018)
more...
Works (2):
  • アメフラシ卵に含まれるタンパク質の胚発生における働き
    神保 充 2010 -
  • サンゴの共生とレクチン 海洋生物のコミュニケーション
    神保 充 2009 -
Education (2):
  • - 1995 Tokyo Institute of Technology Graduate School, Division of Life Science and Engineering
  • - 1995 東京工業大学 生命理工学研究科 バイオサイエンス
Work history (1):
  • 1995 - キリンビール 特別研究員
Association Membership(s) (5):
日本水産学会 ,  日本生化学会 ,  サンゴ礁学会 ,  日本サンゴ礁学会 ,  日本分子生物学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page