Rchr
J-GLOBAL ID:200901099525230230   Update date: Sep. 29, 2010

Ono Kentarou

オノ ケンタロウ | Ono Kentarou
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (2): Primary/secondary education and curricula ,  Educational technology
Research keywords  (7): 算数科 ,  教科教育学 ,  教育工学 ,  情報教育 ,  Arithmetic ,  Subject pedagogy ,  Educational Technology
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2007 - 教科算数において個に応じた学習を支援するICTの活用と指導方法について
  • 2006 - 情報機器を用いた授業改善について
  • 情報教育における通信利用の可能性について
  • The potentials of using telecommunication to the information education.
MISC (34):
  • 小野賢太郎, 平井尊士. 教科算数のためのFLASHを使った[Q&A型]デジタル教材の開発と活用. 情報教育研究センター年報2008. 2009. 32-35
  • 小野賢太郎, 平井尊士. 学業不振児童の学力向上を意識した教科算数における指導方法の一考察:神戸市立K小学校第6学年の1学期の実践授業および朝の特別学習を通して. 武庫川女子大学大学院 文学研究科教育学専攻 教育学研究論集. 2009. 4. 43-48
  • 平井尊士, 小野賢太郎. 教科書に準拠したフラッシュ教材の開発と指導方法の一考察:神戸市立I小学校第3学年算数科「形を調べよう」を事例として. 兵庫大学論集. 2009. 14. 123-132
  • 小野賢太郎, 平井尊士. 指導力向上を見据えたICT活用のための教科算数における小学校教師の事前意識調査の結果と考察:東京都M市における調査をベースとして. 武庫川女子大学紀要 人文・社会科学編 2008. 2008. 56. 43-52
  • 小野賢太郎, 平井尊士. 教科算数において個に応じた学習を支援するICTの活用と指導方法の一考察:神戸市立T小学校第6学年「体積」の実践授業を通して. 武庫川女子大学紀要 人文・社会科学編 2008. 2008. 56. 31-42
more...
Books (1):
  • インターネット活用のためのネットワーク入門(共著)
    綜文館 1998
Lectures and oral presentations  (11):
  • 学業不振児童の学力向上意識した教科算数における指導方法の一考察:神戸市立K小学校第6学年の1学期の実践授業および朝の特別学習を通して
    (関西教育学会 第60回大会 2008)
  • 教科算数における教師の指導方法の一考察:ICT活用を行う上での「算数」に対する事前意識調査と携帯端末(PDA)の試作開発を通して
    (情報コミュニケーション学会 2008)
  • 「2006年問題」を踏まえた情報基礎教育の構築
    (平成17年度大学情報化全国大会 私情協 2005)
  • 学生の自主学習と遠隔講義に対応した教育コンテンツシステムの開発と活用
    (平成17年度全国大学IT活用教育方法研究発表会 私情協 2005)
  • 文系主体の私立大学におけるWebCT導入の工夫
    (第3回 日本WebCTユーザーカンファレンス 2005)
more...
Works (1):
  • 現在人の社会とこころ -家族・メディア教育・文化- pp163コラム(ISBN:978-4-335-65138-0)
    2008 -
Education (4):
  • - 1993 Hyogo University of Teacher Education
  • - 1993 Hyogo University of Teacher Education
  • - 1979 Osaka Electro-Communication University
  • - 1979 Osaka Electro-Communication University
Professional career (1):
  • (BLANK) (Hyogo University of Teacher Education)
Association Membership(s) (4):
日本教師教育学会 ,  日本数学教育学会 ,  教育システム情報学会 ,  日本教育工学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page