Rchr
J-GLOBAL ID:200901099576463736   Update date: Dec. 23, 2008

Amano Tamako

アマノ タマコ | Amano Tamako
Affiliation and department:
Research field  (2): Education - general ,  Social psychology
Research keywords  (6): モンテッソーリ教育 ,  幼児教育 ,  発達心理学 ,  Montessori Education ,  Infant Education ,  Development Psychology
Research theme for competitive and other funds  (9):
  • 2003 - 2005 An Approach to Dealing with the Declining Birth-rate
  • 2004 - 2004 少子化対策をどう捉えるか
  • 2003 - 保育者意識
  • 幼稚園教育におけるコンピテンスの発達
  • 保育者イメージと自己イメージの調査
Show all
MISC (26):
  • 幼稚園におけるモンテッソーリ教育の今日的課題. モンテッソーリ教育 34号. 2002. 34, 68-77
  • 保育形態と幼稚園の生活 その2. 駒沢女子短期大学紀要 第35号. 2002. (35), 1-10
  • Dealing with Problems of Montessori Education in Kindergarten. MONTESSORI EDUCATION NO.34. 2002. 34, 68-77
  • Teaching Styles and Daily Living at Kindergartens No.2. The Faculty Journal of Komazawa Women's Junior College No.35. 2002. 35, 1-10
  • 「保育者に問われるもの」(子どもに学ぶ自然の法則). 「モンテッソーリ教育」. 2001. 33. 93
more...
Books (18):
  • 発達心理学と子どもの成長 (共著)
    八千代出版 1996
  • 「モンテッソーリの教具・教材について」
    幼稚園辞典 1994
  • モンテッソーリ教育の道
    学苑社 1993
  • The Approrch to Montessori Education
    1993
  • 新乳幼児心理学
    学芸図書 1990
more...
Works (10):
  • 幼稚園における一斉活動と自由活動について(一般園とモンテッソーリ園の比較)日本保育学会第55回大会
    2002 -
  • 今、モンテッソーリ教育の進むべき道は、その3、(生きる力を育てる援助)日本モンテッソーリ協会(学会)第32回大会
    1999 -
  • 今、モンテッソーリ教育の進むべき道は、その2(有能感達成のための試み)日本モンテッソーリ協会(学会)第30回大会
    1997 -
  • 今、モンテッソーリ教育の進むべき道は(心理発達を踏まえた実践)日本モンテッソーリ協会(学会)第29回大会
    1996 -
  • 研究発表「モンテッソーリ法の言語教育」に関して他、日本モンテッソーリ教育大会計10回
    1975 - 1992
more...
Education (2):
  • - 1960 Rikkyo University
  • - 1960 Rikkyo University
Committee career (2):
  • 2001 - 日本モンテッソーリ協会(学会) 常任理事
  • 1996 - 2000 日本モンテッソーリ協会(学会) 理事
Association Membership(s) (5):
日本モンテッソーリ協会(学会) ,  日本モンテッソーリ協会(学会) ,  国際幼児教育学会 ,  日本保育学会 ,  日本教育心理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page