Rchr
J-GLOBAL ID:200901099639489595   Update date: Aug. 25, 2020

Oohashi Toshitaka

オオハシ トシタカ | Oohashi Toshitaka
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (2): http://www.okayama-u-mbb.jp/http://www.okayama-u-mbb.jp/
Research field  (7): Otorhinolaryngology ,  Plastic and reconstructive surgery ,  Biomaterials ,  Biomedical engineering ,  Orthopedics ,  Neuroscience - general ,  Medical biochemistry
Research keywords  (3): Biochemistry ,  Molecular Biology ,  Matrix Biology
Papers (98):
  • Petra Sucha, Martina Chmelova, Monika Kamenicka, Marcel Bochin, Toshitaka Oohashi, Lydia Vargova. The Effect of Hapln4 Link Protein Deficiency on Extracellular Space Diffusion Parameters and Perineuronal Nets in the Auditory System During Aging. Neurochemical research. 2020. 45. 1. 68-82
  • Takashi Ohtsuki, Akira Shinaoka, Kanae Kumagishi-Shinaoka, Keiichi Asano, Omer Faruk Hatipoglu, Junko Inagaki, Ken Takahashi, Toshitaka Oohashi, Keiichiro Nishida, Keiji Naruse, et al. Mechanical strain attenuates cytokine-induced ADAMTS9 expression via transient receptor potential vanilloid type 1. Experimental cell research. 2019. 383. 2. 111556-111556
  • Ha Thi Thu Nguyen, Mitsuaki Ono, Emilio Satoshi Hara, Taishi Komori, Midori Edamatsu, Tomoko Yonezawa, Aya Kimura-Ono, Kenji Maekawa, Takuo Kuboki, Toshitaka Oohashi. Type XVIII Collagen Modulates Keratohyalin Granule Formation and Keratinization in Oral Mucosa. International journal of molecular sciences. 2019. 20. 19
  • Ikue Tosa, Daisuke Yamada, Misa Yasumatsu, Eiichi Hinoi, Mitsuaki Ono, Toshitaka Oohashi, Takuo Kuboki, Takeshi Takarada. Postnatal Runx2 deletion leads to low bone mass and adipocyte accumulation in mice bone tissues. Biochemical and biophysical research communications. 2019. 516. 4. 1229-1233
  • James W Fawcett, Toshitaka Oohashi, Tommaso Pizzorusso. The roles of perineuronal nets and the perinodal extracellular matrix in neuronal function. Nature reviews. Neuroscience. 2019. 20. 8. 451-465
more...
MISC (32):
  • 大月 孝志, オメル・ファルク・ハティポール, 品岡 玲, メフメット・ゼイネル・チレッキ, 西村 拓人, 浅野 恵一, 稲垣 純子, 大橋 俊孝, 西田 圭一郎, 岡田 保典, et al. 変形性関節症関連microRNAの検索並びに解析. 日本結合組織学会学術大会プログラム・抄録集. 2018. 50回. 111-111
  • 浅野 恵一, 廣畑 聡, 大月 孝志, オメル・ファルク・ハティポール, 稲垣 純子, 大橋 俊孝. がん微小環境の実体 がん微小環境におけるバーシカン分解酵素ADAMTSの局在と血管新生におけるバーシカンの意義. 日本結合組織学会学術大会プログラム・抄録集. 2017. 49回. 56-56
  • 大月 孝志, 品岡 玲, 熊岸 加苗, 河野 真優美, 篠原 真歩, 浅野 恵一, 稲垣 純子, 大橋 俊孝, 西田 圭一郎, 廣畑 聡. 変形性関節症へのヒアルロン酸投与、いつ投与すべきか? 動物モデルからの知見. 日本結合組織学会学術大会プログラム・抄録集. 2016. 48回. 60-60
  • 大月 孝志, 金道 幸子, 長谷川 みさ, 稲垣 純子, 浅野 恵一, 障子 友理, 熊岸 加苗, 西田 圭一郎, 大橋 俊孝, 廣畑 聡. 伸展刺激の強度による細胞外マトリックスタンパクおよびマトリックス分解酵素発現への影響. 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集. 2015. 88回・38回. [2P0078]-[2P0078]
  • 大橋 俊孝, 加来田 博貴, 芳谷 学, 山田 翔也, 大月 孝志, 廣畑 聡, 二宮 善文, 西田 圭一郎. 関節軟骨造影剤を用いた関節軟骨プロテオグリカンの評価. 日本結合組織学会学術大会プログラム・抄録集. 2015. 47回. 97-97
more...
Patents (6):
  • リジンオリゴマー誘導体及びそれからなる軟骨組織マーカー
  • 軟骨組織マーカー及び軟骨組織可視化用試薬
  • 軟骨組織マーカー及び軟骨組織可視化用試薬
  • 軟骨マーカー
  • 軟骨マーカー
more...
Books (17):
  • Human pathobiochemistry : from clinical studies to molecular mechanisms
    Springer 2019 ISBN:9789811329760
  • 平成18〜平成19年度科学研究費補助金(基盤研究(c))研究成果報告書
    2008
  • Neural Proteoglycan
    Research Signpost,Kerala, India 2007
  • (財)中冨健康科学振興財団 第17回研究助成業績集
    (財)中冨健康科学振興財団 2006
  • 平成14-15年度科学研究費補助金(基盤研究B)成果報告書
    2004
more...
Lectures and oral presentations  (95):
  • リジンオリゴマーからなる関節軟骨特異的X線プローブの創出
    (第27回日本軟骨代謝学会 2014)
  • 成熟脳のペリニューロナルECMの形成と機能について
    (第21回 プロテオグリカンフォーラム 2014)
  • Analysis of the perineuronal net formation in the mouse medial nucleus of the trapezoid body (MNTB)
    (International Symposium on Glyco-Neuroscience 2014)
  • マウス聴覚系内側台形体核(MNTB)におけるペリニューロナルネット形成
    (第36回日本分子生物学会年会 2013)
  • Analysis of the perineuronal net formation in the mouse medial nucleus of the trapezoid body (MNTB)
    (9th Pan Pasific Connective Tissue Society Symposium 2013)
more...
Works (4):
  • BioJapan2013
    2013 -
  • JST 六大学合同新技術説明会
    2013 -
  • 米国ライセンシング協会展示発表
    2013 -
  • Licencing Executives Society 2013
    2013 -
Education (4):
  • - 1992 Okayama University
  • - 1992 Okayama University
  • - 1987 Kyoto University
  • - 1987 Kyoto University
Professional career (1):
  • 博士(薬学) (岡山大学)
Work history (8):
  • 2014 - 現在 - 岡山大学医歯薬学総合研究科 教授
  • 2014 - 現在 - Professor,Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences,Okayama University
  • 2012 - 2014 岡山大学医歯薬学総合研究科 准教授
  • 2012 - 2014 Associate Professor,Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences,Okayama University
  • 1997/02 - 1997/09 マックスプランク 生化学研究所 マックスプランク研究員
Show all
Committee career (4):
  • 2018 - 日本結合組織学会理事 理事
  • 2017 - 日本軟骨代謝学会理事 理事
  • 2014 - 日本軟骨代謝学会 評議員 評議員
  • 1987 - 日本生化学会 なし
Awards (4):
  • 2018/11 - PPCTSS (Pan-Pasific Connective Tissue Society Symposium) Best Oral Presentation Award
  • 2011 - 日本結合組織学会優秀演題賞
  • 2009 - 日本バイオイメージング学会 ベストイメージング賞
  • 1995 - 結城賞(岡山医学会)
Association Membership(s) (9):
日本結合組織学会理事 ,  日本軟骨代謝学会理事 ,  日本軟骨代謝学会 評議員 ,  日本神経科学会 ,  日本結合組織学会 ,  日本マトリックス研究会 ,  日本分子生物学会 ,  日本生化学会 ,  The Japanese Biochemical Society
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page