Rchr
J-GLOBAL ID:200901099855531652   Update date: Nov. 29, 2003

Uno Yoshiyasu

ウノ ヨシヤス | Uno Yoshiyasu
Affiliation and department:
Job title: 教授,名誉教授(慶應義塾大学)
Research field  (1): Social psychology
Research keywords  (6): 普及学 ,  コミュニケーション学 ,  社会心理学 ,  Diffusion Science ,  Communication Science ,  Social Psychology
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • イノベーションの普及結果の研究
  • 異文化間屈折理論の完成
  • Results of Diffusion of Innovations
  • Trans-Cultural Refraction Theory
MISC (25):
  • The generation and diffusion procass of innovations -a total approach based on communication science-. KOGAKU SHUPPAN. 2003. 1378
  • The generation and diffusion procass of innovations -a total approach based on communication science-. KOGAKU SHUPPAN. 2003. 1378
  • 「ニューズウィーク日本版」における異文化屈折. 愛知淑徳大学論集. 1997. 22. 17-30
  • The Trans-Cultural Refraction in "Newsweek Japan". Aichi Shukutoku Ronshu. 1997. 22. 17-30
  • パラダイム転換による「教室コミュニケーション」の革新的工夫-伝統的講義スタイルから本来あってよい姿への脱皮. 愛知淑徳大学論集. 1996. 21
more...
Books (8):
  • イノベーションの開発・普及過程-コミュニケーション科学による統合的解明 上巻、下巻
    晃学出版 2003
  • イノベーションの開発・普及過程-コミュニケーション科学による統合的解明
    晃学出版 2002
  • 普及学講義-イノベーション時代の最新科学
    有斐閣 1990
  • A Lecture on Diffusion Sciencce-the Newest Science for Innovation Age-
    Yuhhikaku Pub. Co. 1990
  • 国際摩擦のメカニズムー異文化間屈折理論をめぐって-
    サイエンス社 1982
more...
Works (10):
  • イノベーション普及結果の研究-三重県飯高町蓮ダム建設の結果-
    1995 -
  • The Effect of Innovation Diffusion : After Damming "Hachisu"at Iidaka-cho, Mie Prefecture.
    1995 -
  • 異文化間屈折現象生起の実験的検討(その2) 日本社会心理学会第34回大会論文集
    1993 -
  • An Experimental Analysis of Trans-Cultural Refraction Phenomena
    1993 -
  • 異文化間屈折現象生起の実験的検討(その1) 日本社会心理学会第33回大会論文集
    1992 -
more...
Education (4):
  • - 1958 Keio University
  • - 1958 Keio University
  • - 1953 Keio University
  • - 1953 Keio University
Professional career (2):
  • (BLANK)
  • (BLANK)
Committee career (2):
  • 1986 - 2003 日本社会心理学会 理事 名誉会員
  • 日本コミュニケーション学会 評議員
Association Membership(s) (3):
日本コミュニケーション学会 ,  日本心理学会 ,  日本社会心理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page