Rchr
J-GLOBAL ID:200901099921661660   Update date: Jan. 19, 2020

Fujita Takeshi

フジタ タケシ | Fujita Takeshi
Affiliation and department:
Job title: Chiba University
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2015 - 2018 ASEAN共生時代の科学技術教員のためのリカレント教育プログラムの開発と評価
  • 2012 - 2014 理数系教員研修留学生の実践的指導力の向上をめざす研修プログラムの開発と評価
  • 2010 - 2012 優れた指導力および教材開発能力を備えた理科教員養成カリキュラムの開発に関する研究
  • 2007 - 2009 キャリア選択と学習意欲に基づく中等理科カリキュラムの開発に関する実証的研究
  • 2001 - 2003 理科を学ぶ意欲を育てる課題志向問題解決学習に関する研究
Show all
Papers (30):
  • 石井 知愛子, 藤田 剛志. 理科の学びと社会とのつながりを実感させる授業づくりとその評価 : 小学校5年生の「植物の花のつくりと実や種子」の実践を通して. 千葉大学教育学部研究紀要. 2019. 67. 251-258
  • NOMURA Jun, HAGA Mizuki, TANI Yoko, TSUJI Koji, HAYASHI Hideko, YAMATO Masahide, YONEDA Chie, FUJITA Takeshi. Impact of the TWINCLE student-exchange program on students from ASEAN countries. Journal of Sciene and Mathematics Education in Southeast Asia. 2018. 41. 2. 221-230
  • 野村 純, 大和 政秀, 米田 千恵, 芳賀 瑞希, 谷 恭子, 藤田 剛志, 加藤 徹也, 山下 修一, 大嶌 竜午, 辻 耕治, 林 英子. 教育のグローバル化に対応した留学生受入れプログラムの開発と評価-ASEAN交換留学生から見たTWINCLEプログラムでの学び-. 科学教育研究. 2018. 42. 2. 112-119
  • 滝口 耕平, 藤田 剛志. 協働学習が理科の学習意欲に及ぼす影響に関する実践的研究. 千葉大学教育学部研究紀要. 2018. 66. 2. 337-346
  • 芳賀 瑞希, 野村 純, 谷 恭子, 山野 芳昭, 大嶌 竜午, サプト アシャディアント, 馬場 智子, 飯塚 正明, 伊藤 葉子, 梅田 克樹, 加藤 徹也, 小宮山 伴与志, 下永田 修二, 白川 健, 杉田 克生, 木 啓, 辻 耕治, 土田 雄一, 林 英子, 藤田 剛志, ホーン ベヴァリー, 山下 修一, 大和 政秀, 米田 千恵. ASEAN留学生のレポートから見るツインクルプログラムにおけるASEAN留学生への教育活動内容の変容. 千葉大学教育学部研究紀要. 2018. 66. 2. 133-137
more...
MISC (24):
  • High School Students' Interests in Genetics and the Recognitions of its Importance
  • The Development of Female Studnts' Attitudes toward the Uses and Conservation of Animals
  • Enriching the Sensibilities to Wonder and Fostering Skeptical Minds
  • Statistical Methods to Analyze the Effect of Teaching
  • Do the Interesting Science Teachings Make Students Like Science? : Relationships between Likes in Science and Interests to Science
more...
Books (7):
  • 新しい学びを拓く理科 授業の理論と実践
    2013
  • 未来を展望する理科教育
    2006
  • 新時代を拓く理科教育の展望
    2006
  • CD-ROM版 中学校理科教育実践講座 理論編3
    ニチブン 2003
  • 理科ハンドブック?:これからの理科授業実践への提案
    東洋館出版社 2002
more...
Education (1):
  • 1979 - 1980 University of Tsukuba Master's Program in Education
Professional career (1):
  • Master of Education (University of Tsukuba)
Work history (3):
  • 2007/04 - Chiba University
  • 1994/04 - 2007/03 Chiba University, Faculty of Education 助教授
  • 1992/04 - 1996/03 Tokai Women's Junior College
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page