Rchr
J-GLOBAL ID:200901099950019594   Update date: Nov. 05, 2018

Inada Takashi

イナダ タカシ | Inada Takashi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Criminal law
Research keywords  (4): 人権 ,  証拠 ,  捜査 ,  刑事手続法
Papers (14):
  • 稲田隆司. 身柄拘束中の被疑者取調の法的性格について. 法政理論. 2013. 45. 4. 230-244
  • 稲田隆司. 傷害致死の裁判員裁判. 季刊刑事弁護. 2010. 61. 72-74
  • 稲田隆司. イギリスにおける自白法則の補完手段. 熊本法学. 2009. 116. 87-135
  • 稲田隆司. イギリスにおける裁量による不公正証拠の排除. 丸山治他編『罪と罰・非情にして人間的なるもの/小暮得雄先生古稀記念論文集』信山社刊. 2005. 209-234
  • 稲田隆司. イギリスの自白法則. 白取祐司他編『激動期の刑事法学/能勢弘之先生追悼論集』信山社刊. 2003. 127-166
more...
MISC (5):
  • 稲田隆司. 判例評釈「遮へい措置・ビデオリンク方式による証人尋問」. 別冊ジュリスト『刑事訴訟法判例百選(第9版)』(有斐閣). 2011. 203. 152-153
  • 稲田隆司. 業務上横領の事案につき自白の任意性は肯定されたが信用性は否定された事例(金沢地判平21・9・1). 法学セミナー増刊『速報判例解説Vol.6』(日本評論社). 2011. 221-224
  • 稲田隆司. 無罪確定事件における捜査および公訴について国家賠償法上の違法性が否定された事例(岐阜地判平21・1・15). 法学セミナー増刊『速報判例解説Vol.5』(日本評論社). 2009. 193-196
  • 稲田隆司. 判例評釈「自動車検問」. 別冊ジュリスト『刑事訴訟法判例百選(第8版)』(有斐閣). 2005. 174. 12-13
  • 稲田隆司. 刑事司法への国民参加. 刑法雑誌. 2002. 41. 3. 448-452
Books (8):
  • アメリカ捜査法
    LEXIS NEXIS 2014 ISBN:9784902625943
  • Introducccion al Derecho Japones Actual
    Thomson Reuters Limited 2013
  • イギリスの自白排除法則
    成文堂 2011 ISBN:9784792319151
  • New Live 刑事法
    成文堂 2009 ISBN:9784792318390
  • コンサイス法律学用語辞典
    三省堂 2003 ISBN:4385155054
more...
Works (2):
  • 柳沼八郎他編「接見交通権の現代的課題」季刊刑事弁護30号
    2002 -
  • 小田中聰樹著「現代司法と刑事訴訟の改革課題」法の科学26号
    1997 -
Education (3):
  • 1992 - 1996 Hokkaido University
  • 1990 - 1992 Niigata University
  • 1985 - 1990 Niigata University
Professional career (1):
  • 法学修士 (新潟大学)
Work history (3):
  • 2017/04/01 - 現在 Niigata University Faculty of Law Department of Law Law and Public Administration Professor
  • 2012/10/01 - 2017/03/31 Niigata University Law School Professional Degree Program of Law Professor
  • 1996/04/01 - 2012/09/30 Kumamoto University Faculty of Law
Association Membership(s) (1):
日本刑法学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page