Pat
J-GLOBAL ID:200903000004711608

スクリュー式濾過脱水装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2002022618
Publication number (International publication number):2003220308
Application date: Jan. 31, 2002
Publication date: Aug. 05, 2003
Summary:
【要約】【課題】汚泥原水の濾過体への移送が円滑に行われて、固分堆積に因るブリッジ発生を未然に防止し、スクリューコンベアへの固分の充填が促進せられ、有効で安定性の濾過脱水作用の行われる、スクリュー式濾過脱水装置を提供すること。【解決手段】始端開口部を汚泥原水の送り込み口8とし終端開口部を脱水ケーキの送り出し口9とする筒状の濾過体7の中心孔10にスクリューコンベア11を嵌装し、前記送り込み口8の上方に汚泥原水の供給槽15を設け、該供給槽15内においてスクリューコンベア11の回転方向と反対方向に回転するパドル17を装備した。
Claim (excerpt):
細隙を隔てて対設される環状濾過プレートと環状可動プレートとで一組の濾過素子となし、該濾過素子の多数組を互に細隙を隔てて積層状に配列させることにより上記各細隙を分離水流出溝とする筒状の濾過体に形成し、該濾過体の中心孔にスクリューコンベアを嵌装し、該濾過体の始端開口部を汚泥原水の送り込み口としてその上方に汚泥原水の供給槽を設け、濾過体の終端開口部を脱水ケーキの送り出し口とするスクリュー式濾過脱水装置であって、前記供給槽内においてスクリューコンベアの回転方向と反対方向に回転するパドルを装備したことを特徴とする、スクリュー式濾過脱水装置。
IPC (4):
B01D 33/00 ,  B01D 29/25 ,  B30B 9/14 ,  C02F 11/12
FI (4):
B01D 33/00 B ,  B30B 9/14 A ,  C02F 11/12 D ,  B01D 29/30 501
F-Term (14):
4D026BA03 ,  4D026BB05 ,  4D026BC01 ,  4D026BE01 ,  4D026BE15 ,  4D026BF19 ,  4D059AA03 ,  4D059BE07 ,  4D059BE15 ,  4D059BE26 ,  4D059BE51 ,  4D059CB06 ,  4D059CB12 ,  4D059CB13
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (2)

Return to Previous Page