Pat
J-GLOBAL ID:200903000013669908

熱転写方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 吉田 勝広 (外1名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1992308061
Publication number (International publication number):1994135024
Application date: Oct. 22, 1992
Publication date: May. 17, 1994
Summary:
【要約】【目的】 従来技術の問題点を解決し、印字時のカール防止性等に優れ且つ高濃度且つ高解像度の画像が形成される熱転写方法を提供すること。【構成】 熱転写プリンタ中の対向しているサーマルヘッドと円柱状プラテンとの間に、熱転写シートの染料層と熱転写受像シートの染料受容層を対向させて搬送し、サーマルヘッドから熱を印加して染料受容層に画像を形成する熱転写方法において、上記熱転写受像シートの背面には滑性層が設けられており、該滑性層の厚み(A:μm)と上記プラテンの曲率半径B(mm)が特定の関係にあることを特徴とする熱転写方法。
Claim (excerpt):
熱転写プリンタ中の対向しているサーマルヘッドと円柱状プラテンとの間に、熱転写シートの染料層と熱転写受像シートの染料受容層を対向させて搬送し、サーマルヘッドから熱を印加して染料受容層に画像を形成する熱転写方法において、上記熱転写受像シートの背面には滑性層が設けられており、該滑性層の厚み(A:μm)と上記プラテンの曲率半径B(mm)が下記式I又はIIで表される範囲にあることを特徴とする熱転写方法。式I: B≦25の場合 A<3B>25の場合 A≧3(熱転写受像シートの湾曲角度90°以上の場合)式II: A≧3(熱転写受像シートの湾曲角度90°未満の場合)
IPC (3):
B41J 2/325 ,  B41M 5/26 ,  B44C 1/17
FI (2):
B41J 3/20 117 A ,  B41M 5/26 A

Return to Previous Page