Pat
J-GLOBAL ID:200903000015089240

燃料電池電極用ガス拡散層及びその製造方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 樋口 武尚
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2005307080
Publication number (International publication number):2007115574
Application date: Oct. 21, 2005
Publication date: May. 10, 2007
Summary:
【課題】燃料電池電極用ガス拡散層において、安価な材料を使用して低コストでVGCFを使用した場合と同等以上の性能を有すること。【解決手段】界面活性剤を含む水溶液にカーボンブラックを攪拌しながら加え、水性フェノール樹脂ディスパージョンを加えてカーボンブラックインクを作製し(S10)、ホウ酸アルミニウムウィスカーを解砕し(S11)、流動層付きスプレードライヤーの流動チャンバーに仕込み、カーボンブラックインクをスプレーした後加熱処理してフェノール樹脂を熱硬化させカーボンコートウィスカーを作製し(S12,S13)、界面活性剤を含む水溶液に分散し、PTFEディスパージョンを混合し、拡散層塗布用ペーストを作製した(S14)。含浸させた後水分を蒸発させた(S15)ガス拡散層用カーボン基材に、拡散層塗布用ペーストをドクターブレードで塗布し加熱処理を行って、燃料電池電極用ガス拡散層1を作製した。【選択図】図1
Claim (excerpt):
固体高分子型燃料電池の電極を製造するためのガス拡散層であって、 導電性付与成分及び細孔構造付与成分として鉱物のウィスカーをカーボンブラックで被覆したものを用いて、撥水性付与成分として撥水性樹脂を用いたことを特徴とする燃料電池電極用ガス拡散層。
IPC (3):
H01M 4/86 ,  H01M 4/88 ,  H01M 8/10
FI (3):
H01M4/86 H ,  H01M4/88 Z ,  H01M8/10
F-Term (11):
5H018AA06 ,  5H018AS01 ,  5H018BB01 ,  5H018BB06 ,  5H018BB08 ,  5H018BB12 ,  5H018DD00 ,  5H018EE05 ,  5H018EE11 ,  5H018EE17 ,  5H026AA06
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (11)
Show all
Cited by examiner (9)
Show all

Return to Previous Page