Pat
J-GLOBAL ID:200903000018670459

溶鋼の脱硫剤および脱硫方法およびカルシウムアルミネート源の製造方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (2): 田村 弘明 ,  矢葺 知之
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2003057656
Publication number (International publication number):2004263285
Application date: Mar. 04, 2003
Publication date: Sep. 24, 2004
Summary:
【課題】フッ素を使用しないあるいはフッ素含有量が少なく、かつ、高効率で安価な溶鋼脱硫剤および脱硫方法を提供する。【解決手段】鉱物相で12CaO・7Al2 O3 であるカルシウムアルミネートを10mass%以上、鉱物相でCaOおよびAl2 O3 のうち少なくとも1種類以上を含有し、かつ、化学分析組成で主成分として、(CaO)を50〜70mass%、(Al2 O3 )を30〜50mass%含有することを特徴とする溶鋼の脱硫剤。また、組成の異なる脱硫剤を分割して、溶鋼に添加する脱硫方法において、脱硫剤全使用量の組成が上記組成を満たすことを特徴とする溶鋼の脱硫方法。【選択図】 図2
Claim (excerpt):
鉱物相で12CaO・7Al2 O3 であるカルシウムアルミネートを10mass%以上、鉱物相でCaOおよびAl2 O3 のうち少なくとも1種類以上を含有し、かつ、化学分析組成で主成分として、(CaO)を50〜70mass%、(Al2 O3 )を30〜50mass%含有することを特徴とする溶鋼の脱硫剤。
IPC (5):
C21C7/076 ,  C21C7/00 ,  C21C7/04 ,  C21C7/064 ,  C21C7/072
FI (5):
C21C7/076 A ,  C21C7/00 J ,  C21C7/04 F ,  C21C7/064 Z ,  C21C7/072 S
F-Term (9):
4K013AA07 ,  4K013BA05 ,  4K013CB04 ,  4K013CB09 ,  4K013CE01 ,  4K013CF02 ,  4K013EA03 ,  4K013EA05 ,  4K013EA39
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (12)
Show all

Return to Previous Page