Pat
J-GLOBAL ID:200903000040301688

再び解除可能な電気的接続部を惹起させるための装置および該電気的接続部を得る方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (3): 矢野 敏雄 ,  アインゼル・フェリックス=ラインハルト ,  ラインハルト・アインゼル
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2003359707
Publication number (International publication number):2004139990
Application date: Oct. 20, 2003
Publication date: May. 13, 2004
Summary:
【課題】接触要素が良好な導電性接続部を形成し、この導電性接続部の摩耗が振盪運動または振動運動によって回避されるかまたは少なくとも制限され、プラグ接続部の製造の際に高い摩擦力を全く発生させない程度に接触要素を形成させる。【解決手段】対の接触要素を使用し、この接触要素の銅含有のベース合金が一方の側で油含有の錫層で被覆されており、別の側で純粋な錫または銀からなる表面層が設けられている。【効果】従来の火炎錫メッキされた純粋な錫表面とは異なり、油分散液を用いて製造されている表面の層構造は、無視可能な薄手の極めて均質の金属間相空間を有する。境界面領域内での微小空隙は、この種の表面被覆物の場合には、油または油反応生成物で充填されており、したがって負荷時に表面層の剥離を惹起する応力を殆んど生じない。【選択図】なし
Claim (excerpt):
プラグ中に配置された少なくとも1つの接触要素と対向プラグ中に配置された少なくとも1つの接触要素とからなる再び解除可能な電気的接続部を惹起させるための装置において、接触要素が油含有錫層で被覆されており、別の接触要素が純粋な錫層で被覆されていることを特徴とする、再び解除可能な電気的接続部を惹起させるための装置。
IPC (3):
H01R13/03 ,  C25D7/00 ,  H01R43/16
FI (3):
H01R13/03 D ,  C25D7/00 H ,  H01R43/16
F-Term (9):
4K024AA07 ,  4K024AA10 ,  4K024BA09 ,  4K024BB10 ,  4K024CB21 ,  4K024DB02 ,  4K024GA03 ,  4K024GA16 ,  5E063GA08
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (4)
Show all

Return to Previous Page