Pat
J-GLOBAL ID:200903000064057575

空気調和機の清掃機構

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (6): 志賀 正武 ,  高橋 詔男 ,  渡邊 隆 ,  鈴木 三義 ,  西 和哉 ,  村山 靖彦
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2007261343
Publication number (International publication number):2009092273
Application date: Oct. 04, 2007
Publication date: Apr. 30, 2009
Summary:
【課題】本発明の目的は、空気調和機、特に天井据付タイプの室内機を有する空気調和機のフィルタを簡単に清掃するための清掃機構を提供することである。【解決手段】本発明の空気調和機の清掃機構は、空気調和機の室内機の吸い込み口に設けたフィルタと、前記フィルタを覆い、前記吸い込み口に固定するカバー部材と、前記フィルタと前記カバー部材との間に設けられた掃除ノズルと、を備えた空気調和機の清掃機構であって、前記掃除ノズルがフィルタ側に吸い込み口を、反対側に真空源の接続口を有し、前記吸い込み口と前記差し込み口との間に前記吸い込み口を中心として回転自在な連結部を備え、前記掃除ノズルを回転させるための駆動機構を備えていることを特徴とする。【選択図】図1
Claim 1:
空気調和機の室内機の吸い込み口に設けたフィルタと、 前記フィルタを覆い、前記吸い込み口に固定するカバー部材と、 前記フィルタと前記カバー部材との間に設けられた掃除ノズルと、を備えた空気調和機の清掃機構であって、 前記掃除ノズルがフィルタ側に吸い込み口を、反対側に真空源との接続口を有し、 前記吸い込み口と前記差し込み口との間に前記吸い込み口を中心として回転自在な連結部を備え、 前記掃除ノズルを回転させるための駆動機構を備えていることを特徴とする清掃機構。
IPC (1):
F24F 13/28
FI (1):
F24F1/00 371A
F-Term (1):
3L051BA01
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (1)
  • 転てつ機接続装置
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2001-402477   Applicant:東日本旅客鉄道株式会社, 吉原鉄道工業株式会社, 鉄道機器株式会社

Return to Previous Page