Pat
J-GLOBAL ID:200903000077843669

分散型EL素子の製造方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 江原 省吾 (外2名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1992171412
Publication number (International publication number):1994013183
Application date: Jun. 30, 1992
Publication date: Jan. 21, 1994
Summary:
【要約】【目的】 背面電極1、反射絶縁層2、発光層3および透明電極4の積層体を防水フィルムにより封止した分散型EL素子の製造において、発光層3及び反射絶縁層2を形成する調合インク15に含まれる水分を含んだ気泡を十分に除去し、発光特性の低下とそのバラツキを防止し、長寿命化を図る。【構成】 消泡用のタンク11に入れた調合インク15に対して、減圧(真空)処理、超音波による加振処理、または上記減圧処理と超音波による加振処理を同時に行い、気泡を水分とともに抜き取る。
Claim (excerpt):
背面電極、反射絶縁層、発光層および透明電極の積層体を外皮フィルムにより封止した分散型EL素子の製造工程において、上記反射絶縁層または発光層を形成する調合インクを密閉したタンクに収容し、減圧による脱泡処理を行うことを特徴とする分散型EL素子の製造方法。

Return to Previous Page