Pat
J-GLOBAL ID:200903000252284520

磁気共鳴診断装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 鈴江 武彦 (外6名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2000200122
Publication number (International publication number):2002017704
Application date: Jun. 30, 2000
Publication date: Jan. 22, 2002
Summary:
【要約】【課題】マルチボクセルMRS対応の磁気共鳴診断装置において、局所励起領域やサチュレート領域の設定にかかる作業負担を軽減すること。【解決手段】本発明は、高周波磁場により静磁場中の被検体の局所励起領域内の特定核種を励起するとともに、所定のサチュレーション領域から信号が出ないように飽和させておき、局所励起領域内の特定核種から発生する磁気共鳴信号を収集し、この磁気共鳴信号をマルチボクセルで処理することによりボクセルごとに特定核種に関する周波数スペクトルを得る磁気共鳴診断装置において、被検体に関する形態画像を表示し、この表示された形態画像上の任意の位置に任意の形状で関心領域を指定すると、指定された関心領域を包含するように局所励起領域が自動設定され、また設定された局所励起領域の外側にサチュレーション領域が自動設定される。
Claim (excerpt):
高周波磁場により静磁場中の被検体の局所励起領域内の特定核種を励起するとともに、所定のサチュレーション領域から信号が出ないように飽和させておき、前記局所励起領域内の前記特定核種から発生する磁気共鳴信号を収集し、この磁気共鳴信号をマルチボクセルで処理することによりボクセルごとに前記特定核種に関する周波数スペクトルを得る磁気共鳴診断装置において、前記被検体に関する形態画像を表示する手段と、前記表示された形態画像上の任意の位置に任意の形状で関心領域を指定するための操作手段と、前記指定された関心領域を包含するように前記局所励起領域を自動設定する手段と、前記設定された局所励起領域の外側に前記サチュレーション領域を自動設定する手段とを具備することを特徴とする磁気共鳴診断装置。
IPC (3):
A61B 5/055 ,  G01R 33/32 ,  G06T 1/00 290
FI (4):
G06T 1/00 290 C ,  A61B 5/05 380 ,  A61B 5/05 370 ,  G01N 24/02 520 Y
F-Term (18):
4C096AA06 ,  4C096AB36 ,  4C096BA20 ,  4C096BB18 ,  4C096DC19 ,  4C096DC28 ,  5B057AA09 ,  5B057CA02 ,  5B057CA08 ,  5B057CA12 ,  5B057CA16 ,  5B057CB18 ,  5B057CC01 ,  5B057DA07 ,  5B057DB02 ,  5B057DB05 ,  5B057DB09 ,  5B057DC16
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (4)
Show all
Cited by examiner (2)

Return to Previous Page