Pat
J-GLOBAL ID:200903000253419348

画像切り抜き装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1992018793
Publication number (International publication number):1993216993
Application date: Feb. 04, 1992
Publication date: Aug. 27, 1993
Summary:
【要約】【目的】本発明は、面倒な切り抜き条件の設定を行うことなく、様々な色や絵柄の組合せでできた模様からなる画像を切り抜ける装置を提供することを目的とする。【構成】画像入力手段aから入力された画像データはブロック分割手段bによって、小ブロック単位に分割されたブロック分割画像データが生成され、また色量子化手段cによって類似色ごとにグルーピングされた色量子化画像データが作られる。輪郭ブロック設定手段eにより表示手段dに表示されたブロック分割画像データの中から輪郭部を含む画像ブロックを指示・選択する。輪郭部設定手段fでは、色量子化された画像データを用いて選択されたブロック画像から輪郭を正確に切り出し、このデータをもとにマスク作成手段gによってマスクデータが作成される。このマスクデータに対応した画像データの領域が抽出されることによって、所望の切り抜き画像を得る。
Claim (excerpt):
画像データの入力手段と、該画像データをブロック領域に分割するブロック分割手段と、前記画像データから色量子化画像データを生成する色量子化手段と、前記ブロック分割された画像データの表示手段と、前記ブロック分割画像データから輪郭部を含むブロックを抽出する輪郭ブロック設定手段と、該抽出された輪郭ブロック画像データから前記色量子化画像データを用いて指示された色の色量子化画像データを検索し輪郭部を決定する輪郭部設定手段と、該輪郭部の抽出された領域画像データからマスクデータを作成するマスク作成手段と、を具備することを特徴とする画像切り抜き装置。
Patent cited by the Patent:
Cited by examiner (1)
  • 特開昭60-201238

Return to Previous Page