Pat
J-GLOBAL ID:200903000255686270

β位結合ポリアスパラギン酸の新規製造方法およびその方法によって製造されるβ位結合ポリアスパラギン酸

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (3): 平木 祐輔 ,  石井 貞次 ,  藤田 節
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2007175275
Publication number (International publication number):2009013256
Application date: Jul. 03, 2007
Publication date: Jan. 22, 2009
Summary:
【課題】β位結合ポリアスパラギン酸またはその塩もしくはエステルを、高純度で製造するための方法の提供。【解決手段】有機溶媒中にてポリアスパラギン酸加水分解酵素を用いて、アスパラギン酸またはその塩もしくはエステルを基質として、高純度のβ位結合ポリアスパラギン酸またはその塩もしくはエステルを合成する方法。【選択図】なし
Claim (excerpt):
水を含有する有機溶媒中において、β-βペプチド結合間を認識するポリアスパラギン酸加水分解酵素を用いて、アスパラギン酸またはその塩もしくはエステルを基質として重合させる、高純度のβ位結合ポリアスパラギン酸またはその塩もしくはエステルを合成する方法。
IPC (2):
C08G 69/10 ,  C12P 13/02
FI (2):
C08G69/10 ,  C12P13/02
F-Term (34):
4B024AA03 ,  4B024BA11 ,  4B024CA03 ,  4B024CA07 ,  4B024CA20 ,  4B024DA06 ,  4B024EA04 ,  4B024GA11 ,  4B024GA19 ,  4B024HA03 ,  4B064AE02 ,  4B064CA21 ,  4B064CB30 ,  4B064CC03 ,  4B064CC06 ,  4B064CD12 ,  4B064CE08 ,  4B064CE16 ,  4J001DA01 ,  4J001DB01 ,  4J001DC12 ,  4J001EA36 ,  4J001FA03 ,  4J001FB01 ,  4J001FC01 ,  4J001GA20 ,  4J001JA20 ,  4J001JB31 ,  4J200AA02 ,  4J200BA06 ,  4J200BA29 ,  4J200DA22 ,  4J200EA04 ,  4J200EA17
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (1) Cited by examiner (1)
Article cited by the Patent:
Cited by examiner (12)
  • Polymer, 2003年, 第44巻, 1-6ページ
  • Polymer, 2003年, 第44巻, 1-6ページ
  • Polymer, 2000年, 第41巻, 8475-8486ページ
Show all

Return to Previous Page