Pat
J-GLOBAL ID:200903000281611696

ボルトの締付力の評価法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 吉井 昭栄 (外2名)
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1996108852
Publication number (International publication number):1997291919
Application date: Apr. 30, 1996
Publication date: Nov. 11, 1997
Summary:
【要約】【課題】 ボルトの締付力を精度よく簡単に評価できるボルトの締付力の評価法を提供すること。【解決手段】 ボルト(1)に圧縮荷重Pをかけながらボルトを締付け、締付けるに要するトルクTから、ボルトのおのじ(1B)と母材のめねじ(3A)との間の摩擦係数、およびボルト頭(1A)と被締付材の座面(2A)との間の摩擦係数を決定し、ボルトに圧縮荷重をかけながらボルトを締付けることによって、ボルトが締まり始める前の締付に要するトルクと圧縮荷重との関係から摩擦損失を求め、ボルトの締付力を精度よく簡単に評価できるボルトの締付力の評価法。
Claim (excerpt):
ボルトに圧縮荷重をかけながらボルトを締付け、締付けるに要するトルクから、ボルトのおねじと母材のめねじとの間の摩擦係数、およびボルト頭と被締付材の座面との間の摩擦係数を決定することを特徴とするボルトの締付力の評価法。
IPC (2):
F16B 31/02 ,  G01L 5/24
FI (2):
F16B 31/02 Z ,  G01L 5/24

Return to Previous Page