Pat
J-GLOBAL ID:200903000299581182

酸化触媒脱臭装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2000273430
Publication number (International publication number):2002078784
Application date: Sep. 08, 2000
Publication date: Mar. 19, 2002
Summary:
【要約】【課題】熱の損失が少なく、必要温度以上に加熱する必要のない効率の良い酸化触媒脱臭装置を提供すること。【解決手段】臭気ガスを加熱し、触媒と接触させることで化学反応を促進させて脱臭する酸化触媒脱臭装置の外周壁を断熱壁とし、臭気ガスを外周通路へ導入し、その外周通路で囲まれた内側通路にヒーターで加熱した臭気ガスおよび脱臭後の排気を通過させる構造とし、さらに熱交換部と非熱交換部を構成し、熱交換部は、触媒通過後から排気口までの内側通路壁を熱が伝わりやすい壁面構造とし、非熱交換部は、ヒーターから触媒通過後までの内側通路壁を断熱壁とした。
Claim (excerpt):
臭気ガスを加熱し、触媒と接触させることで化学反応を促進させて脱臭する酸化触媒脱臭装置において、臭気ガスを外周通路へ導入し、その外周通路で囲まれた内側通路にヒーターで加熱後の臭気ガスおよび排気を通過させる構造であり、熱交換部と非熱交換部を設けたことを特徴とする酸化触媒脱臭装置。
IPC (5):
A61L 9/00 ,  B01D 53/86 ,  F23G 7/06 ZAB ,  F23G 7/06 102 ,  F23G 7/06 103
FI (5):
A61L 9/00 C ,  F23G 7/06 ZAB Z ,  F23G 7/06 102 Z ,  F23G 7/06 103 ,  B01D 53/36 H
F-Term (17):
3K078AA05 ,  3K078BA21 ,  3K078CA22 ,  3K078DA32 ,  4C080AA07 ,  4C080BB02 ,  4C080CC01 ,  4C080HH05 ,  4C080JJ03 ,  4C080KK08 ,  4C080LL10 ,  4C080MM40 ,  4C080QQ12 ,  4D048AA22 ,  4D048AB01 ,  4D048CC27 ,  4D048CC54
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (3)
  • 特開昭64-006614
  • 特開昭51-016272
  • 熱併給発電装置およびその排熱回収器
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平3-149490   Applicant:財団法人石油産業活性化センター, 出光興産株式会社
Cited by examiner (3)
  • 特開昭64-006614
  • 特開昭51-016272
  • 熱併給発電装置およびその排熱回収器
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平3-149490   Applicant:財団法人石油産業活性化センター, 出光興産株式会社

Return to Previous Page