Pat
J-GLOBAL ID:200903000305954468

扉におけるラッチ機構の取付構造

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 柳野 隆生
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):1996117958
Publication number (International publication number):1997303007
Application date: May. 13, 1996
Publication date: Nov. 25, 1997
Summary:
【要約】【課題】 扉へのラッチ機構の組付け作業を極めて簡略化し、またメンテナンス時の作業も簡単である扉におけるラッチ機構の取付構造を提供する。【解決手段】 キャビネットの前面開口部に開閉可能に取付ける扉7であって、前記扉の背面側の召し合わせ部34に沿って後方開放したラッチボックス35を形成し、該ラッチボックスを閉止するラッチカバー42に、把手及びラッチ機構を全て組付けた状態で、該ラッチカバーをラッチボックスに取付けてなる。
Claim (excerpt):
キャビネットの前面開口部に開閉可能に取付ける扉であって、前記扉の背面側の召し合わせ部に沿って後方開放したラッチボックスを形成し、該ラッチボックスを閉止するラッチカバーに、把手及びラッチ機構を全て組付けた状態で、該ラッチカバーをラッチボックスに取付けてなることを特徴とする扉におけるラッチ機構の取付構造。
IPC (3):
E05B 9/08 ,  E05B 65/02 ,  E05C 9/08
FI (3):
E05B 9/08 G ,  E05B 65/02 B ,  E05C 9/08

Return to Previous Page