Pat
J-GLOBAL ID:200903000318587669

可逆性感熱発色組成物、それを用いた可逆性感熱記録媒体およびその消去方法

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 池浦 敏明
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2002012225
Publication number (International publication number):2002248869
Application date: Feb. 15, 1999
Publication date: Sep. 03, 2002
Summary:
【要約】【課題】 安定な発色性と消色性を保持し、高速消去に対応でき、特に耐熱保存性に優れた可逆性感熱発色組成物および可逆性感熱記録媒体を提供すること、ならびに繰り返し使用によっても記録媒体の打こんの発生のない耐久性が良好な可逆性感熱記録媒体を提供すること。【解決手段】 電子供与性呈色性化合物と電子受容性化合物との間の発色反応を利用した可逆性感熱発色組成物において、電子受容性化合物として下記一般式(1)で表される化合物を含有させる。【化1】
Claim (excerpt):
電子供与性呈色性化合物と電子受容性化合物を用い、加熱温度および/または加熱後の冷却速度の違いにより相対的に発色した状態と消色した状態を形成しうる可逆性感熱発色組成物において、電子受容性化合物として下記一般式(1)で表されるフェノール化合物を用いたことを特徴とする可逆性感熱発色組成物。【化1】(式中、nは1〜3の整数を示し、mは1〜20の整数を示し、rは0〜3の整数を示す。また、XおよびYはヘテロ原子を含む2価の基を表し、R1は炭素数1〜20の2価の炭化水素基を表し、R2は炭素数2〜20の炭化水素基を表す。)
IPC (2):
B41M 5/30 ,  B41M 5/26
FI (6):
B41M 5/18 108 ,  B41M 5/18 101 A ,  B41M 5/18 101 E ,  B41M 5/18 111 ,  B41M 5/18 101 C ,  B41M 5/18 B
F-Term (20):
2H026AA07 ,  2H026AA09 ,  2H026BB02 ,  2H026BB25 ,  2H026BB28 ,  2H026BB32 ,  2H026CC07 ,  2H026CC10 ,  2H026DD01 ,  2H026DD03 ,  2H026DD12 ,  2H026DD46 ,  2H026DD48 ,  2H026DD53 ,  2H026DD55 ,  2H026FF01 ,  2H026FF11 ,  2H026FF17 ,  2H026FF25 ,  2H026GG01

Return to Previous Page