Pat
J-GLOBAL ID:200903000406247479

油圧緩衝器の減衰力発生装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (1): 天野 泉
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2002052677
Publication number (International publication number):2003254376
Application date: Feb. 28, 2002
Publication date: Sep. 10, 2003
Summary:
【要約】【課題】 ピストンの低速域でも所定の減衰力を発生し、ピストンの中・高速域では減衰力が過剰とならず、リリーフバルブの曲げ応力の上昇を防止でき、多数の固定部やピストンを用意する必要が無い。【解決手段】 ポート内に棒体を移動自在に挿入し、ピストンの中・高速域で上記棒体が減衰バルブを押し開ける方向に移動するようにした。
Claim (excerpt):
シリンダ内にピストンを介してピストンロッド移動自在に挿入され、ピストンはシリンダ内にロッド側油室と反ロッド側油室とを区画し、二つの油室はピストンに設けたポートを介して連通し、当該ポートの出口端に減衰バルブを開閉自在に設けている油圧緩衝器において、上記ポート内に棒体を移動自在に挿入し、ピストンの中・高速域で上記棒体が減衰バルブを押し開ける方向に移動するようにしたことを特徴とする油圧緩衝器の減衰力発生装置。
IPC (2):
F16F 9/348 ,  F16F 9/32
FI (2):
F16F 9/348 ,  F16F 9/32 L
F-Term (5):
3J069AA50 ,  3J069CC13 ,  3J069EE02 ,  3J069EE24 ,  3J069EE28

Return to Previous Page