Pat
J-GLOBAL ID:200903000412432296

被覆電線冷却方法及び被覆電線冷却装置

Inventor:
Applicant, Patent owner:
Agent (2): 梶 良之 ,  須原 誠
Gazette classification:公開公報
Application number (International application number):2003280021
Publication number (International publication number):2005044730
Application date: Jul. 25, 2003
Publication date: Feb. 17, 2005
Summary:
【課題】 押出機による樹脂被覆後の走行する高温の被覆電線に集中して無駄なく液状冷却媒体を吹き付けることができ、これにより液状冷却媒体使用量の低減や液状冷却媒体循環装置の小型化を図ることができる被覆電線冷却方法及び被覆電線冷却装置を提供すること。【解決手段】 押出機22により樹脂被覆され、この樹脂被覆後の走行する高温の被覆電線21を冷却する被覆電線冷却方法において、噴射ノズル13A〜13E,13A’〜13E’により、被覆電線21に、吹き付け断面形状として該被覆電線21に沿って細長く延びる細長形状を形成して冷却水をミスト状態で噴射することを特徴とする。【選択図】 図2
Claim (excerpt):
押出機により樹脂被覆され、この樹脂被覆後の走行する高温の被覆電線を冷却する被覆電線冷却方法において、噴射ノズルにより、前記被覆電線に、吹き付け断面形状として該被覆電線に沿って細長く延びる細長形状を形成して液状冷却媒体を噴射することを特徴とする被覆電線冷却方法。
IPC (1):
H01B13/14
FI (1):
H01B13/14 Z
F-Term (2):
5G325JA04 ,  5G325JB15
Patent cited by the Patent:
Cited by applicant (4)
  • 実開昭57-145214号公報(第2図、第3図)
  • 特開昭63-100962
  • 噴射ノズル
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平8-336789   Applicant:株式会社共立合金製作所
Show all
Cited by examiner (3)
  • 特開昭63-100962
  • 噴射ノズル
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願平8-336789   Applicant:株式会社共立合金製作所
  • ノズル
    Gazette classification:公開公報   Application number:特願2001-365131   Applicant:株式会社いけうち

Return to Previous Page